しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

新駅建設問題

市長・議員の一時金を上げて、市民には国保税・介護保険料を引き上げる予算  糸島市2015年度市議会  糸島の風No.29

市長・議員の一時金を上げて、市民には国保税・介護保険料を引き上げる予算  糸島市2015年度市議会 
 3月議会、日本共産党は、33議案のうち6の議案に反対し、27の議案に賛成しました。

 平成27年度一般会計予算について、いとう千代子議員は、
「福岡県の一般市でワースト2位の借金財政にもかかわらず、市長、議員の一時金を引き上げ、区画整理、新駅整備などの大開発をすすめれば、財政破たんの危険性がある」、
「市役所立て替えと言うが、小中学校は修繕予算を減らされ、要望の15%しか対応できない。年金が減らされ、非正規雇用が増え、貧困が広がっているのに、優先順位が間違っている」
と、反対討論。

 国保税、介護保険料引き上げの予算には、やなぎ議員が反対討論しました。

 他の議員が、すべての議案に賛成し、全議案が可決。

新庁舎建設を宣言

 月形市長は、井上健作議員の質問にこたえ、「市庁舎を平成36年度までに建設したい」と表明しました。

重い税負担
地権者の元議員らが30年前に計画

 前原東土地区画整理事業(16億円)は、約30年前から、地権者の元議員や工事を請け負ったゼネコンが、計画を進めてきました。

 合併後、浦伊三次議員が「区画整理事業と新駅設置」の推進を議会で求め、前市長が先頭に立つと表明し、新駅設置の署名が行われました。

 新駅整備事業費については「10億6千万円」と市は、いとう議員に答弁しました。
 財政難の中、重い税負担です。

 なお、桂田踏切の廃止まで、あと2年です。

 

 

桂田踏切2017年3月に廃止! 通行できなくなります。  糸島の風No.28

Img_20150201_08

 1日に2~3千台の自動車や自転車が通行する、AZホテル前の「桂田踏切」が、新駅建設のため、平成29年3月末で閉鎖され、通行止めになることが、いとう議員の質問でわかりました。

 市は不便になるのを認めず、「中央ルートや糸島高校前の道路がある」との立場です。

 4年前の12月議会以降、前市長や浦三次議員らが進めてきた大開発が山場を迎え、来年度から、ばく大な税金が投入されます。

   

 ※糸島市と新駅設置促進期成会、JRと3者で結んだ覚書の内容は、駅前広場や自由通路など、周辺整備の市の負担と約束し、そのうえ、JRの持ち物である駅舎やホームも地元負担と約束し、そのうち5億円は、市と促進期成会が募金で集めるといいます。
 一民間団体の新駅建設促進期成会が議会より上にあって、そこでの決定が、市民に押し付けられています。

 

便利な桂田踏切をなくさないで!!  糸島高校周辺の道が渋滞に・・・  ~糸島の風No.27

便利な桂田踏切をなくさないで!!  糸島高校周辺の道が渋滞に・・・

 ずさんな計画

 市は6月、突然、「新駅をつくると、駅のホームが道路にはみ出てしまうので、桂田踏切は廃止する」と発表し、「地域から反対意見はでていない」「糸島高校も同意している」と議会で述べました。

 しかし、不便になる雷山校区や篠原だけでなく、地場業者からも、「踏切廃止は困る!」との声が出ています。

 いとう議員が、「踏切をなくしたら、伊都の杜の住民は、どこから国道にでるのか」と聞くと、市は「糸島高校の前から(右折して)、JAの前の国道に出ればいい」と答えました。

 しかし、糸島高校前の交差点は信号もなく、渋滞時はなかなか右折できません。
 そのうえ、高校周辺は、通学時間帯には今でも混雑しています。

 平成22年12月議会で、
当時、建設産業委員会長だった
浦伊三次議員(現在議長)が、
「新駅建設と前原東土地区画
整理事業」の推進を求め、
それ以降、市の最重要課題
としてすすめられている。

 いとう議員が、「現地を調査したのか」と聞くと、市は「していない」と答えました。

 周辺の交通量調査をしないまま、住宅開発と新駅建設をすすめたことがわかりました。

市民の声を聞くべき

 いま、市の財政は非常に苦しく、来年度は国保税や介護保険料の値上げも予定されています。

 そんな中で、多額の税金を使って、新駅整備事業をするべきか、市は市民の声を聞くべきです。

 

糸島市の借金は、総額520億円! 苦しい市民生活なのに、負担大きい大型事業

市の借金は、総額520億円

貯金は、約68億円

 市は、「基金(貯金)は約68億円。昨年度から5億円も増えた」と議会で報告しました。
 いとう議員が、「市の借金の総額は、いくらか?」と聞くと、「520億円程度」と答弁。
 財政は大変きびしい状況です。

 大型プロジェクトと総事業費
・中央ルート ~ 総額120億円
・前原東土地区画整理事業 ~ 16億円
・新駅整備事業 ~ 10~20億円
・市役所建て替え ~ 50~60億円
上の二つは、すでに工事中。
下の二つは、設計の段階。

苦しい市民生活
 負担大きい大型事業

 日本共産党のいとう議員は、「格差と貧困が広がる中で、市民生活は苦しい。 大型事業に、多額の税金を使った決算には反対だ」と述べ、やなぎ議員と二人、25年度一般会計の決算認定に反対しました。
 昨年度、前原東土地区画整理事業に、2億7千万円、中央ルートに4500万円、九電の古い営業所購入に6千万円・・・となっています。

 

市民に見せられないJRとの覚書  税金の負担、どこまで?  桂田踏切が廃止に!糸島高校北の踏切を使えとは・・・  糸島の風No.26

便利な桂田踏切が廃止に!離合も危険な糸島高校北の踏切を使えとは・・・ 昨年12月、覚書で、市がJRに約束していた
市民に見せられないJRとの覚書
税金の負担、どこまで?


踏切AとCの間は、570mもあ
り、地域は分断されてしまう。
前原東土地区画整理事業
◎前原東土地区画整理事業は、税金
16億円を使い、1千戸の住宅を建設
し、人口3千人を増やす事業。しかし、
人口が減っているのは、二丈、志摩、
長糸、雷山。
      

秘密の覚書

 糸島市と新駅設置促進期成会は、昨年12月、JRと3者で覚書を結びましたが、今もその内容は、議会に秘密にしたままです。
 この覚書には、「新駅建設のために桂田踏切を廃止する」という重大な約束がありました。

いとう 「ここは、雷山と国道を結ぶ貴重な生活道路。踏切が廃止になると、住民だけでなく、浦志の店舗や地場産業に打撃を与える。どうするのか?」

市 「糸島高校の踏切から、農協前の国道へでるようにする」

いとう 「糸島高校周辺は、離合しにくい狭い道路。通学時間帯は大混雑する。今になって住民説明会をしているが、計画変更はできるのか?」

市 「新駅のため、変更できない」

 覚書は、駅前広場や自由通路など、周辺整備の市の負担と約束しています。
 いったい何億、何十億かかるか、まだわかりません。

 そのうえ、JRの持ち物である駅舎やホームも地元負担と約束し、そのうち5億円は、市と促進期成会が募金で集めるといいます。

いとう 「5億円の募金が集まらなかったらどうするのか?税金で穴埋めすると、覚書にかいていないか?」

市 「お金を集める努力をする。税金は使わない」

いとう 「(本当かどうか)確かめるから、議員に覚書を配りなさい」

市 「新駅建設促進期成会がいまJRと協議中で、今はだせない」

一民間団体の新駅建設促進期成会が議会より上にあって、そこでの決定が、市民に押し付けられています。

「踏切廃止」を言わずに署名を集めた 新駅「踏切廃止」を言わずに署名を集めた 新駅

 3年前、市をあげて「新駅設置」の署名を行い、その署名を持って、前市長や浦議員らがJRに新駅設置の要望をしました。
 いま、踏切の廃止を知った地元では、「便利になるといわれて駅の署名をした。踏切が廃止になるとわかっていたら、署名などしなかった」という人も。

 いとう議員が、「踏切のデメリットを説明しないで、署名を集めたのか」と聞くと、市は「言ってない」と答えました。
 必要な情報を公開せず、署名をとっていたのです。

 雷山からの県道を、浦志の国道まで拡幅することこそ、住民の願いでした。
 不必要な中央ルートをばく大な税金で作り、便利な踏切を廃止するとは、ひどすぎです。

「新駅の建設に税金は使わない」と言っていたのに、JRは1円も出さず、20~30億円が地元負担に・・・  JRと交渉した松本元市長と議員の責任はどうなる。  糸島市は、福岡県下の一般市で最悪の謝金財政なのに、破綻したら、だれが責任をとるのですか?   糸島の風No.23

財政が破綻したら、だれが責任をとるのですか?

中央ルート ~ 120億円。潤南に4車線、地下8メートルの巨大地下道路建設
市役所建て替え ~ 35億円以上。
図書館移転 ~ 4~5億円。道が狭く、危険な場所へ移転する必要なはない。
新駅建設 ~ 20~30億円。(周辺整備など)
前原東土地区画整理事業 ~ 16億円。
前原西産業団地の建設 ~ 予定地は、(株)へいせい社長の広大な山林。

 糸島市は、福岡県下の一般市で最悪の謝金財政です。
 しかし、松本嶺男元市長は、8年間、つぎつぎ大型事業をすすめ、税金、公共料金が高くなって、生活を苦しめています。

 不要不急の公共事業をやめなければ、市民の負担は増え続けます。
 元市長は、2月任期終了をもって引退しました。
 大型事業の推進で、今後、市の財政が破綻したら、いったいだれが責任をとるのでしょうか?

「新駅の建設に税金は使わない」と言っていたのに、JRは1円も出さず、20~30億円が地元負担に・・・

 JRと交渉した松本元市長と
            議員の責任はどうなる。

 自費での駅設置を断ってきたJR

近くに駅がないと売れないよ  昨年12月、松本市長は、JRと浦志の新駅建設について覚書を結びました。
 JRとの交渉したのは、新駅設置促進期成会の会長・松本市長と、会長代理の浦伊三次議員(自民系)らです。
 JRが自費での駅設置を断ってきたとき、「資金はすべて地元が負担する。だからどうか駅を設置してほしい」と交渉したのです。
 議会にも内緒で、地元負担を約束した市長と議員の責任は重大です。

※前原東土地区画整理事業は、1千戸住宅を建てて、1戸4千万円で販売する計画です。
 高級住宅を売るには、どうしても近くに駅が必要。
 ここには元議員や現職議員名義の広大な土地があり、ゼネコンと地元の有力業者が、土木、住宅建設の中心。

「新駅の建設に税金は使わない」と言っていたのに、JRは1円も出さず、20~30億円が地元負担に・・・  JRと交渉した松本元市長と議員の責任はどうなる。  糸島市は、福岡県下の一般市で最悪の謝金財政なのに、破綻したら、だれが責任をとるのですか?   糸島の風No.23  

土地区画整理事業と新駅設置をめぐる
 行政、議会、地権者、業者の関係

1991年(平成3年)頃~
・前原東土地区画整理事業と新駅設置の話が、議員や有力者などの間で持ち上がる。

2003年(平成15年)~
・区画整理準備会の委員長(自民系市議)と、清水建設福岡営業所長が、協力関係を約束した覚書を結ぶ。

2005年(平成17年)~
・松本みねお氏が、前原市長に当選。 翌日、前原南産業団地の建設を決定。 入札せず、随意契約で清水建設と平成建設の共同体に7億円の事業を発注。

2010年(平成22年)~
・1市2町が合併して糸島市が誕生。
・12月議会で浦伊三次議員(建設産業委員長)が、前原東土地区画整理事業と新駅設置の実現を求め、市長が「先頭に立つ」と表明。
  この時、「駅舎の建設は原則、税金は使えない」と答弁。

2011年(平成23年)~
・1月5日、市長、浦議員、(株)へいせい社長、幹部職員が小料理屋で飲食。
・2月、新駅設置期成会が発足し、松本市長が会長に、浦議員と区画整理組合理事長が会長代理に就任。
・3月議会で「市長と特定業者との飲食は、公務員倫理に反する」と追求した伊藤議員に、自民系議員らが「おまえは黙っとれ!」「共産党は出ていけ!」と暴言を吐き、伊藤議員を出席停止の懲戒処分にする。
・市長、浦議員、地権者代表の元議員らが、集めた署名を持ってJRに新駅設置を要望。

2012年(平成24年)~
・3月31日、土地区画整理組合と清水建設が契約を締結。 推定30億の事業を随意契約で発注。 その後、地元では(株)へいせいが下請けに。
・JRが期成会に自費での新駅建設を断ってきたため、「地元が建設資金をすべて負担するから、駅をつくってほしい」(請願駅)と交渉する。

2013年(平成25年)~
・浦志、篠原の水田、ため池埋立てを清水建設が開始。
・12月、JRが新駅設置に合意。
  JRは「1円も負担もしない」ことで覚書を締結。

※地元の自民系市議や自民党県議も期成会の役員。
 

JRは、浦志駅をつくらない   前原東土地区画整理事業~ 「駅がないと土地が売れない・・・」の声  無責任な「駅ありき」の開発

JRは、浦志駅をつくらない
前原東土地区画整理事業~
 「駅がないと土地が売れない・・・」の声

 無責任な「駅ありき」の開発

Img_20130427_02s
    総事業費 32億円
    その半分の16億円は税金

 松本市長は、1戸4千万円で1023戸を販売する予定の住宅団地「前原東土地区画整理事業」を最優先ですすめ、現地の浦志では、清水建設が水害防止に役立ってきた柱田ため池や水田を、埋めたてています。

 一方、JRが「浦志に新駅をつくらない」ことが明確になりました。
 関係者の中から、「駅がなくては土地が売れない」「土地の評価もあがらない」と不安の声があがっています。

 JRが浦志駅をつくると決定しないうちから、「駅ありき」で開発を進めた市と議会の責任は重大です。

前原東土地区画整理事業   地場業者は1社もはいらず 「ゼネコンだけが儲かる事業でいいのですか?」  工事は東京の清水建設に   市のため池を再生砕石で埋めた疑い

前原東土地区画整理事業
地場業者は1社もはいらず
 「ゼネコンだけが儲かる事業でいいのですか?」 

工事は東京の清水建設に

 推定30億円の事業を、入札ではなく随意で請け負ったのは、東京が本社の清水建設。
 造成工事に地元業者は入っていません。

【伊藤】 「ゼネコンだけが儲かる事業でよいのか」と、地元業者は怒っている。
 生活道路や学校改修など、身近な公共事業に使えば、何百件もの仕事を地場産業に発注できた。
 「なんでも糸島」ではないのか?

[市長] 物品の購入など、今後も地場産業の活用をお願いする。

市の柱田ため池を、再生砕石で埋めた疑い

【伊藤】 理事長は「造成は真砂土でする」と言っていた。
 しかし清水建設は、看板も出さずに市の柱田ため池を石で埋めた。
 私が調査すると、石子の下は産廃のコンクリートを砕いた再生砕石で埋めた疑いもある。
 盛土を検査べきだ。

[市] 清水建設が試験して、問題ないと言っている。

水害防止のため池をつぶした糸島市

Img20130109_1s_2

 「水害の防止」に役だってきた柱田ため池を、市は開発のために埋め立ててしまいました。
 豪雨で被害が起きたら、市と議会の責任は重大です。

 

参考  必要でしょか? 国・県・市の税金を16億円を使う大開発 ・・・

 
   これまでの経過

2010年12月議会 ~ 建設産業委員長のU議員が、「前原東区画整理事業と浦志駅」について質問し、松本市長が「先頭に立って推進する」と答弁。

2011年1月5日 ~ 市長、U議員、H建設社長、市の幹部職員が小料理屋で飲食。

1月17日 ~ 新駅設置促進期成会が発足。市長が会長、U議員と組合準備会の井上会長(元議員)が会長代理に就任。市の幹部、議長、地元議員、自民・民主県議が役員に就任。

10月9日 ~ 農業委員会で市が、ため池の廃止について「ため池の所有者」を偽って説明。承認を受ける。

11月10日 ~ 農業振興地域整備促進協議会で市が、水田20ヘクタールの埋め立てで流出する数万トンの水の処理について虚偽の説明。許可を受ける。

12月19日 ~ 県が区画組合設立の認可を出す。

2012年2月7日 ~ 市長、U議員、井上理事長が、JRを訪問し、浦志駅を要望する。

4月5日 ~ H建設など4社が、事業予定地の保留地の住宅開発業者に決定。

2013年2月末 ~ 清水建設がため池、水田の埋め立て工事を開始。

3月議会で、JRが浦志駅をつくらないことが判明。

 

 

 

 

「原点にもどって、質疑させない…」~建設産業委員長の恐るべき政治感覚   びっくり!質問、議論をしてはいけないとういう。なんのための議会? 驚くべき 糸島市議会!

糸島市議会議員 伊藤千代子ブログ~ちよ便り」より転載

「原点にもどって、質疑させない…」
~建設産業委員長の恐るべき政治感覚


 11月16日の建設産業委員会で、U委員長は、次のように言いました。
「この委員会で、はじめの一年は委員会で質疑を認めなかった。原点にもどって、また質疑を認めない…」

 私は唖然としました。

 つまり、執行部が議案の説明に来ても、浦委員長は職員に説明だけさせて、議員がそれについて疑問点を確認したり、「これはどういうことか?」と尋ねたり、「これにかかる税金はいくらか?」とか、「この会社は所在はどこで、いつ設立されたのか?」などと聞くことを許さないと言うのです。

 「そんなバカな! 議論を尽くすべき議会で、行政をチェックすべき議会で、それでは議員の役割は果たせないでしょう! でたらめな!」と、全国のみさなんは驚くでしょう。

 しかし三年前そうだったのです。
 私は、「こんな議会でいいのでしょうか?」と「糸島の風」に記事を書き、委員会でも「質疑を認めよ」と主張しました。
 そんな中で、二年前、ようやく質疑を認めたるようになったのです。しかしまた「認めない」と言いだしました。

 私以外、この自民系の委員長に反対意見を言う議員はいないので、すぐ「賛成!」となりました。しかし、

 執行部に対する質疑を認めなかったら、喜ぶのは行政です。市長です。
 この人が、松本市長と大の仲良しだと私はよく知っていますが、ここまでするとはあきれました。

 林間施設の民営化問題で、ウソややらせを行っているのを見破ることができたのは、建設産業委員会の質疑がきっかけでした。
 市の会計をトンネルにして、市長が会長をつとめる浦志の新駅期成会に2300万円寄付したのが九星飲料だとわかったのは、議案説明の質疑からでした。

 真実は、執行部の説明に「疑問点を問いただす」中で、明らかになります。
 それをさせないということは…

 市民に知られたくないことを、議会で追及されたくないことを、12月議会でまた出そうとしているんだ…」と疑わざるをえません。
        

「オマエ呼ばわりする議員といっしょに議会活動はできない!」・・・傍聴の市民を監視すると言い出した議員たち  傍若無人、やりたい放題。 これが糸島市議会の議員とは!

糸島市議会議員 伊藤千代子ブログ~ちよ便り」より転載

「オマエ呼ばわりする議員といっしょに議会活動はできない!」
・・・傍聴の市民を監視すると言い出した議員たち
 

 自らの品性のなさを棚(タナ)にあげ、傍聴の市民を敵視

 今日(10月17日)は、「庁舎の在り方等調査特別委員会」が、全員出席の元、議員控室で10時から開かれた。
 委員長は、二丈のT議員
 ちなみに、議長、副議長、委員長など市議会の重要ポストはすべて、自民系議員が独占している。
 このT議員などは、総務文教委員長と予算委員会委員長とこの「庁舎の在り方…委員会」と、ひとりで3つの委員会の委員長をひとり占めする(!)有能な方。

 T議員が、「委員会前に言いたいことがある」と言って、9月27日の議会最終日のことを話し出した。
 傍聴席からの暴言が許せないというのだ。議会で自分の意に沿わない発言に、暴言を吐く傍聴人を、そのままにしていいのか。人物を特定して、傍聴を禁止すべきだということを主張した
 他の議員も口々に、息巻いた。
 「議員は、国会でもやじっている」「傍聴人は発言も拍手もしたらいかん」「傍聴人を特定できるようにできんのか」「インターネットに映っていなかったのか?」「傍聴席にカメラをつけさせれ
  T議員はさらにこうも言った。
 原発の請願がうちの委員会にでていて、傍聴の市民がおおぜい来たが、「椅子が足りんから用意せれ、とか、説明に来た執行部に『なぜ、もっときちんと説明せんかったのか?』と文句を言いに来たという。傍聴人の傍若無人な態度は問題だ」
 すると、 浦志の新駅建設および、前原東土地区画整理事業の利害関係者の議員が、 「前原の時からこんなことがあった。それはいつも、特定議員のときだった」と私の方を向き、いかにも私が問題だというような顔で睨み付けた。

 私が、 「傍聴人がどうのと言う前に、自分たち議員の品性のない発言、私の討論を大勢で怒鳴って妨害し、「共産党は出ていけ!」と怒鳴ったことをまず、謝罪すべきではないのか」 と言うと、志摩のT議員が、「オマエが余計なことを言うけんたい!」 とさらに怒鳴った。
 私は、「大勢で怒鳴りあげるあなた方の方が、ずっと怖い。つまみ出せとか、出ていけとか、オマエ呼ばわりする議員とは、一緒に議会活動はできない」 といって、今日の会議をボイコットして帰った。
 更年期もあるだろうが、胸の動悸がして、しんどかった。
 市役所を出て、かかりつけの神経内科に行き、薬をもらった。
 私は、14年間、「きさま」「お前」呼ばわりする議員と辛抱して付き合ってきたが、そろそろ限界である。
 

 この人たちにつける薬はないのか?
 私に暴言を吐いたことを謝罪するまで、許さない。

 私は、大勢の市民の代表だ。私を侮辱することは、私を代表として送り出してくれた市民をも侮辱することになる。
 2年前、複数の議員と上司のパワハラ、合併後の過重勤務を苦に、愛する家族を残して命を絶った職員の気持ちが私には、痛いほどよくわかる。
 激しく怒鳴り散らす議員たちの餌食(エジキ)になったら、まともな神経ではいられない。
 退職した職員にきくと、過去にも、議長室と言う密室に呼ばれて、「あの議会答弁は何や!」などど、机をたたき、怒鳴られて、具合を悪くした職員が相当いたようだ。
 傍聴人のガラの悪さを問題にした二丈のT議員は、私が「H建設と市長のゆちゃく疑惑問題」を議会で追及した時、「品性がない」と私を懲罰にかけたときの懲罰委員長だった。
 しかも、自民系の中心議員が女性への暴力とストーカー行為をしでかして書類送検されたとき、まっさきにかばった張本人。
 こういう人たちが、市議会を牛耳っている

 ちなみに27日の議会で、発言中の私を「関係なかろうが!」と最初に怒鳴りつけた議員が、議会運営委員長だからあきれる。
 議会ではまったく発言せず、ヤジだけ飛ばすす議員のなかには、息子がH建設に就職していたり、市役所に親族が勤めて、市長が上司というものもいる。
 自分の土地が開発予定地になっている利害関係者もいる。
 市長とH建設社長と仲良しで、いっしょに飲みに行く議員もいる。

 水戸黄門の「おぬしもワルよのう」というあの場面が、いつも目に浮かぶ。
 視察に行くと、行った先でほとんど質問もせず、毎晩の宴会だけはゲラゲラ笑って盛り上がる。
 市民には「法律で決まったこと以外はしない」のに、議会事務局の職員に、仕事外の「宴会の場所取り」を平気でさせている。
 前原時代、視察先の宴会に、コンパニオンを呼んだこともあったそうだ。

 傍若無人、やりたい放題は、市民ではなく、あなた方、松本市長べったりの議員である。

  

 

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq