しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

大規模開発問題

市長・議員の一時金を上げて、市民には国保税・介護保険料を引き上げる予算  糸島市2015年度市議会  糸島の風No.29

市長・議員の一時金を上げて、市民には国保税・介護保険料を引き上げる予算  糸島市2015年度市議会 
 3月議会、日本共産党は、33議案のうち6の議案に反対し、27の議案に賛成しました。

 平成27年度一般会計予算について、いとう千代子議員は、
「福岡県の一般市でワースト2位の借金財政にもかかわらず、市長、議員の一時金を引き上げ、区画整理、新駅整備などの大開発をすすめれば、財政破たんの危険性がある」、
「市役所立て替えと言うが、小中学校は修繕予算を減らされ、要望の15%しか対応できない。年金が減らされ、非正規雇用が増え、貧困が広がっているのに、優先順位が間違っている」
と、反対討論。

 国保税、介護保険料引き上げの予算には、やなぎ議員が反対討論しました。

 他の議員が、すべての議案に賛成し、全議案が可決。

新庁舎建設を宣言

 月形市長は、井上健作議員の質問にこたえ、「市庁舎を平成36年度までに建設したい」と表明しました。

重い税負担
地権者の元議員らが30年前に計画

 前原東土地区画整理事業(16億円)は、約30年前から、地権者の元議員や工事を請け負ったゼネコンが、計画を進めてきました。

 合併後、浦伊三次議員が「区画整理事業と新駅設置」の推進を議会で求め、前市長が先頭に立つと表明し、新駅設置の署名が行われました。

 新駅整備事業費については「10億6千万円」と市は、いとう議員に答弁しました。
 財政難の中、重い税負担です。

 なお、桂田踏切の廃止まで、あと2年です。

 

 

桂田踏切2017年3月に廃止! 通行できなくなります。  糸島の風No.28

Img_20150201_08

 1日に2~3千台の自動車や自転車が通行する、AZホテル前の「桂田踏切」が、新駅建設のため、平成29年3月末で閉鎖され、通行止めになることが、いとう議員の質問でわかりました。

 市は不便になるのを認めず、「中央ルートや糸島高校前の道路がある」との立場です。

 4年前の12月議会以降、前市長や浦三次議員らが進めてきた大開発が山場を迎え、来年度から、ばく大な税金が投入されます。

   

 ※糸島市と新駅設置促進期成会、JRと3者で結んだ覚書の内容は、駅前広場や自由通路など、周辺整備の市の負担と約束し、そのうえ、JRの持ち物である駅舎やホームも地元負担と約束し、そのうち5億円は、市と促進期成会が募金で集めるといいます。
 一民間団体の新駅建設促進期成会が議会より上にあって、そこでの決定が、市民に押し付けられています。

 

中央ルート4550万円工事費を増額。 反対します  糸島の風No.28  

Img_20150201_09

 潤の国道で工事中の中央ルートの工事費を、4550万円も増額する予算に反対。

 いとう議員が、「親しみのもてる道路をつくるため、ここだけ照明やベンチをいいものにするとは納得できない。 危険な通学路や市道がたくさんある。 税金の無駄づかいだ」と理由を述べました。

 市内すべての市道の補正予算が年間3千万円です。
 中央ルートに、湯水のように税金を使うのは許せません。

便利な桂田踏切をなくさないで!!  糸島高校周辺の道が渋滞に・・・  ~糸島の風No.27

便利な桂田踏切をなくさないで!!  糸島高校周辺の道が渋滞に・・・

 ずさんな計画

 市は6月、突然、「新駅をつくると、駅のホームが道路にはみ出てしまうので、桂田踏切は廃止する」と発表し、「地域から反対意見はでていない」「糸島高校も同意している」と議会で述べました。

 しかし、不便になる雷山校区や篠原だけでなく、地場業者からも、「踏切廃止は困る!」との声が出ています。

 いとう議員が、「踏切をなくしたら、伊都の杜の住民は、どこから国道にでるのか」と聞くと、市は「糸島高校の前から(右折して)、JAの前の国道に出ればいい」と答えました。

 しかし、糸島高校前の交差点は信号もなく、渋滞時はなかなか右折できません。
 そのうえ、高校周辺は、通学時間帯には今でも混雑しています。

 平成22年12月議会で、
当時、建設産業委員会長だった
浦伊三次議員(現在議長)が、
「新駅建設と前原東土地区画
整理事業」の推進を求め、
それ以降、市の最重要課題
としてすすめられている。

 いとう議員が、「現地を調査したのか」と聞くと、市は「していない」と答えました。

 周辺の交通量調査をしないまま、住宅開発と新駅建設をすすめたことがわかりました。

市民の声を聞くべき

 いま、市の財政は非常に苦しく、来年度は国保税や介護保険料の値上げも予定されています。

 そんな中で、多額の税金を使って、新駅整備事業をするべきか、市は市民の声を聞くべきです。

 

糸島市の借金は、総額520億円! 苦しい市民生活なのに、負担大きい大型事業

市の借金は、総額520億円

貯金は、約68億円

 市は、「基金(貯金)は約68億円。昨年度から5億円も増えた」と議会で報告しました。
 いとう議員が、「市の借金の総額は、いくらか?」と聞くと、「520億円程度」と答弁。
 財政は大変きびしい状況です。

 大型プロジェクトと総事業費
・中央ルート ~ 総額120億円
・前原東土地区画整理事業 ~ 16億円
・新駅整備事業 ~ 10~20億円
・市役所建て替え ~ 50~60億円
上の二つは、すでに工事中。
下の二つは、設計の段階。

苦しい市民生活
 負担大きい大型事業

 日本共産党のいとう議員は、「格差と貧困が広がる中で、市民生活は苦しい。 大型事業に、多額の税金を使った決算には反対だ」と述べ、やなぎ議員と二人、25年度一般会計の決算認定に反対しました。
 昨年度、前原東土地区画整理事業に、2億7千万円、中央ルートに4500万円、九電の古い営業所購入に6千万円・・・となっています。

 

糸島市9月議会が始まりました  一般質問 傍聴におこしください  9月11日、9月12日

糸島市9月議会が始まりました

Img_20140907_01

 ☆ 9月11日(木) 午前10時~11時ごろまで

 

 柳 明夫 議員(総務文教常任委員)

  1.  二丈・志摩の支所経費として5億円6千万円(3年間分)が国から交付される。 二丈・志摩のために使うことを提案
  2.  新たに制定された小規模企業振興基本法に基づき、中小企業への支援体制拡充、住宅リフォーム助成制度拡充、中小企業振興条例制定などについて
  3.  玄海原発の災害発生時に全市民が避難できるのか、市の広域避難計画を問う
      

 ☆ 9月12日(金) 午前10時~11時ごろまで

 

 伊藤 千代子 議員(建設産業常任委員)

  1.  雷山川、瑞梅寺川、川原川の水害対策、中央ルート・アンダーパスの水害の危険性について
  2.  原発の重大事故から命と自然を守る対策について
  3.  桂田踏切の廃止についての市民・議会への説明責任、糸島高校周辺の交通量増加、JRとの覚書と新駅建設促進会などについて

 6人の議員で「玄海原発再稼働反対」意見書案を9月議会に提出
 8日10時から総務文教委員会、25日10時から本会議で審議

 無所属の三嶋栄幸議員が提案者、共産の柳明夫、民主の徳安達成、無所属の高橋徹郎、藤井芳広、波多江貴士の各議員が賛同者となって、9月議会に「玄海原発の再稼働を行わないこと」を国に求める意見書案を提出しました。
 超党派で6人もの連名での意見書案提出は糸島議会始まって以来です。

 意見書案は「玄海原発は糸島市の西側にあり、3号機は危険なMOX燃料を使っており、ひとたび事故が起きれば、糸島市の被害は福島事故より大きなものになる。 糸島は今、豊穣の大地や海の恵みによる糸島ブランドの真価が行き渡り、飛躍の条件を整えようとしているが、ひとたび放射能で汚染されたら糸島ブランドは崩れ去り、未来は暗く閉ざされる。 また処理しようのない核廃棄物も増え続けることになる」と再稼働反対を訴えています。

 8日(日)午前10時から総務文教委員会で、25日(木)午前10時より本会議で討論、採決が行われます。
 ぜひ傍聴におこしください。

   

Img_20140907_02

 9月議会 一般質問の日程

9月10日(水)
午前10時から午後3時ごろ
○発言者
1.小島忠義(無所属)
2.岡村一伸(維新)
3.堀田 勉(無所属)
4.藤井芳広(無所属)
9月11日(木)
午前10時から午後3時ごろ
○発言者
1.柳 明夫(共産)
2.徳安達成(民主)
3.高橋徹郎(無所属)
4.松月よし子(無所属)
9月12日(金)
午前10時から午後3時ごろ
○発言者
1.伊藤千代子(共産)
2.波多江貴士(無所属)

Img_20140907_03

 

市民に見せられないJRとの覚書  税金の負担、どこまで?  桂田踏切が廃止に!糸島高校北の踏切を使えとは・・・  糸島の風No.26

便利な桂田踏切が廃止に!離合も危険な糸島高校北の踏切を使えとは・・・ 昨年12月、覚書で、市がJRに約束していた
市民に見せられないJRとの覚書
税金の負担、どこまで?


踏切AとCの間は、570mもあ
り、地域は分断されてしまう。
前原東土地区画整理事業
◎前原東土地区画整理事業は、税金
16億円を使い、1千戸の住宅を建設
し、人口3千人を増やす事業。しかし、
人口が減っているのは、二丈、志摩、
長糸、雷山。
      

秘密の覚書

 糸島市と新駅設置促進期成会は、昨年12月、JRと3者で覚書を結びましたが、今もその内容は、議会に秘密にしたままです。
 この覚書には、「新駅建設のために桂田踏切を廃止する」という重大な約束がありました。

いとう 「ここは、雷山と国道を結ぶ貴重な生活道路。踏切が廃止になると、住民だけでなく、浦志の店舗や地場産業に打撃を与える。どうするのか?」

市 「糸島高校の踏切から、農協前の国道へでるようにする」

いとう 「糸島高校周辺は、離合しにくい狭い道路。通学時間帯は大混雑する。今になって住民説明会をしているが、計画変更はできるのか?」

市 「新駅のため、変更できない」

 覚書は、駅前広場や自由通路など、周辺整備の市の負担と約束しています。
 いったい何億、何十億かかるか、まだわかりません。

 そのうえ、JRの持ち物である駅舎やホームも地元負担と約束し、そのうち5億円は、市と促進期成会が募金で集めるといいます。

いとう 「5億円の募金が集まらなかったらどうするのか?税金で穴埋めすると、覚書にかいていないか?」

市 「お金を集める努力をする。税金は使わない」

いとう 「(本当かどうか)確かめるから、議員に覚書を配りなさい」

市 「新駅建設促進期成会がいまJRと協議中で、今はだせない」

一民間団体の新駅建設促進期成会が議会より上にあって、そこでの決定が、市民に押し付けられています。

「踏切廃止」を言わずに署名を集めた 新駅「踏切廃止」を言わずに署名を集めた 新駅

 3年前、市をあげて「新駅設置」の署名を行い、その署名を持って、前市長や浦議員らがJRに新駅設置の要望をしました。
 いま、踏切の廃止を知った地元では、「便利になるといわれて駅の署名をした。踏切が廃止になるとわかっていたら、署名などしなかった」という人も。

 いとう議員が、「踏切のデメリットを説明しないで、署名を集めたのか」と聞くと、市は「言ってない」と答えました。
 必要な情報を公開せず、署名をとっていたのです。

 雷山からの県道を、浦志の国道まで拡幅することこそ、住民の願いでした。
 不必要な中央ルートをばく大な税金で作り、便利な踏切を廃止するとは、ひどすぎです。

【訂正と謝罪】前原東土地区画整理事業での対象となっているため池の土地に関して

訂正と謝罪      

 私は、昨年7月上旬頃配布した「糸島の風No.18」において、
『前原東土地区画整理事業での対象となっているため池の土地は、糸島市議会議員小島忠義氏が相続によって得た個人所有であり、小島氏はそのことを隠しており、巨額の利権が絡んでいる。』『自民系議員が農業委員会をだまし、許可を得ていた。』などと記載しました。
 しかし、実際には、その土地は浦志土木水利組合が所有する土地であり、小島氏は、相続ではなく、組合の役員として名義を表示していたに過ぎず、私の誤った判断でした。
 私が、間違った情報を記載したため、小島氏に対して著しく名誉を棄損し、多大な迷惑をおかけしたことを認め、ここに謝罪し、訂正いたします。
 大変申し訳ありませんでした。  (伊藤千代子)
  


※ 議員名義の土地が、区画整理事業内にあるのは事実なので、名義を変えるよう求めていきます。

 

 当「糸島の風」ブログにおいて、上記の誤解に基づく関連した記事に対して、訂正の記載をおこないます。数日以内に完了する予定です。(2014/7/19記載)

 

糸島市6月議会が始まりました  ”一般質問の傍聴にお越しください” 6月13日(金)柳昭夫、16日(月)伊藤千代子  糸島の風・号外

日本共産党 糸島市6月議会が始まりました

一般質問の傍聴にお越しください

☆ 6月13日(金) 午後1時~2時ごろまで

柳 明夫議員(総務文教常任委員)

  1. 二丈・志摩の支所機能をなくさないでという住民の声は強く、国も合併市町村の支所の数に応じて今年度から財政措置を行う。
    住民の声と国の措置にこたえ、市は支所機能を維持すすること。
  2. 住民主人公の市政をすすめるために、地域自治区・地域協議会の創設を
  3. 中学校卒業までの医療費助成を早急に行うこと
  4. 就学援助の拡充や新婚家庭への家賃補助など子育て支援策の強化


☆ 6月16日(月) 午前10時~11時ごろまで

伊藤千代子議員(建設産業常任委員)

  1. 池田・坂持・志登住民の避難所と旧波多江公民館の活用について
  2. 福吉駅・一貴山駅の無人化計画と新駅建設(住民への影響と柱田踏切の閉鎖など)について
  3. 農業振興地域へのコンビニ出店について

Img_20140609_02 ○ 市民の声が補正予算案に反映!

  • 小学校3年生まで入院費を無料に
  • プレミアム付き商品券方式で住宅リフォーム助成
  • 中央ルート計画縮小の検討(2車線化の調査)

 6月議会に提案された補正予算に、市民の声を反映した3つの施策が盛り込まれています。
 十分なものではありませんが、私たち日本共産党議員団が市民の皆さんの声に基づいて議会のたびに求めてきたことの一部でもあります。
 さらに市民の願いが大きく実現できるよう、私たちはがんばります!

 

 国民の意思を問わず国のあり方を変えるのは暴挙。
  閣議決定で集団的自衛権行使を認めないで!
  糸島九条の会が国に意見書を請願

 9日(月)の総務文教委員会で討論採決が行われ、その報告を受けて最終日18日(水)の本会議で討論採決がおこなわれます。
 結果が注目されます。

Img_20140609_04

3月議会  26年度一般会計予算案に反対  国保税引き下げの意見書案には賛成  

糸島市3月議会 26年度一般会計予算案に反対
国保税引き下げの意見書案には賛成

財政苦しめる大型事業

中央ルート ~ 6950万円

前原東土地区画整理事業
(あごら西の住宅開発)
~ 4億6000万円

図書館移転事業 ~ 
   4億1436万円
 九電の築23年と築33年の
 老朽化した元営業所を買い
 、大改修をして移転する。

 日本共産党はの柳明夫・伊藤千代子の両議員は、借金財政の中、ムダな大型事業を進める26年度予算や、移動図書館車パピルス号の廃止には反対し、国保税の引き下げの意見書案には賛成しました。

 初当選した柳議員は、一般質問や予算委員会で積極的に市民の要求を取り上げ、伊藤議員とともに奮闘しました。


 国保引き下げへ
 国の補助増額を

Img_20140419_01  収入の1割から2割も占める国保税。
 しかも市内の加入世帯の7割が所得200万円以下。
 払いたくても払えないと悲鳴が上がっています。
 高すぎる根本原因は国が市町村への補助金を削ってきたことにあります。
 共産党議員団は国・県への意見書提出を市議会に提案しました。

 また、市独自の努力で不要不急の予算を削り、国保税を下げるべきだと、国保特別会計予算に反対討論を行いました。

 

より以前の記事一覧

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq