しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

原発問題

放射性プルーム(雲)は、最速30分で到達 「子どもの被ばくは、避けられない」 ~福島県では、子ども86人が甲状腺がんに~  糸島の風No.29

放射性プルーム(雲)は、最速30分で到達 「子どもの被ばくは、避けられない」 ~福島県では、子ども86人が甲状腺がんに~

 東日本大震災から4年目の3月11日、いとう議員は一般質問を行い、福島の事故が収束していない中での玄海原発再稼動の危険性を訴えました。

最悪時、被ばくは避けられない

 糸島市は玄海原発から19キロ~40キロ。
 放射性プルーム(雲)は最速30分で到達するため、最悪の過酷事故のときには非難する間がありません。

 「これでは子ども、住民の被ばくは避けられない」と、いとう議員。
 子どもは放射能の影響を受けやすく、福島県では、すでに86人の子どもが「甲状腺がん」と診断されました。

30キロ圏内の1万5千人は「屋内避難」

 木造家族では、ほとんど放射線を防げないのに、事故が起きても、すぐに避難せず、「屋内避難」の避難計画になっています。

 それは、国の指針が、
「5キロ圏内、10キロ圏内の住民を先に避難させ、その後で、30キロ圏内の住民を避難させる」二段階避難になっているからです。

 唐津の住民が逃げるのを見ながら、家にいられるでしょうか?

40キロ圏内の8万5千人は、避難計画もない

 さらに、40キロ圏内の市民8万5千人には、避難計画さえありません。

Img_20150505_13

風下の糸島市

 福島県飯館村は、原発から50キロも離れているのに、風下だったため、今も全村避難を強いています。

 糸島市は、年間100日、原発の方から風が吹く「風下地域」です。

 いま最も大切なのは、放射能の汚染から、かけがえのない自然と環境、子どもたちの未来を守るために、原発を再稼動させないことです。
      

Img_20150505_14
 
千代子の議員日記 4月10日

 原発から20キロ地点の姫島に、国の放射線防護対策事業で核シェルターが完成した。

 1億7200万円で福祉センターを改造し、原発事故のとき、全住民185人が入れる。

 「2、3日でシケがおさまったら船で避難してもらう」と市。
 「外の放射能がひどかったらどうするのか?船は防護船か?」ときくと
 「普通の船。その時は防護服を着ていただく」という。

   

 「シェルターに入る前の除染はどうするのか」ときくと、
 「シャワーで(放射性物質を)洗い流し、ふき取る」だけという。
 まさに住民の被ばくを前提にしている。

 やなぎ議員によると「すぐ前は海で、津波が来たら使い物にならない。税金の無駄遣いです」とのこと。
 危険な再稼動はやめ、再生可能エネルギーに転換を!

                 (建設産業委員会にて)

      
 

市民を被爆から守れるか大きな疑問 市の広域避難計画  40キロ圏の福岡市で避難訓練をしても、30キロ圏の糸島市では「予定はない」

市の広域避難計画
市民を被爆から守れるか大きな疑問

 やなぎ議員は12月議会の一般質問でも市の原発事故広域避難計画についてただしました。
 市の計画は最悪の事態を想定したものとは到底言えず、実効性の乏しさが明らかになってきました。

30キロ圏外は対象外
避難訓練もなし

 市の広域避難計画は、30キロ圏外について安定ヨウ素剤の備蓄を国に要請する以外の対策は皆無です。

やなぎ 「40キロ圏の福岡市西区では昨年も今年も避難訓練を実施しているが、8万5千人が住む市内の30キロ圏外での避難訓練は?」

総務部長 「国の指針に基づく計画であり、30キロ圏外の予定はない。」

 これでは市内の置き去り状態です。
 ただ国の指針の通りにするだけで、市民を守る市の独自の発想はありません。

一週間の屋内退避
木造家屋は被爆の危険

やなぎ 「木造家屋の場合、IAEA(国際原子力機関)によれば外部被爆の低減率はわずかに10%です。30キロ圏内の一週間の屋内避難が基本といいますが大丈夫?」

危機管理部長 「福島では即時避難となったのは5キロ圏内。糸島はそうならない。」

 福島では、40キロ以上離れた地域が即時避難状態になりました。
 その教訓は考慮されたのでしょうか。
 また屋内避難が続けば食料確保も不安です。

避難計画をもって万全の
対策がととのったとは考えていない

 この他、30キロ圏外の介護施設等への対応策はないなど、問題点がたくさん。

やなぎ 「対策は万全なのか。」

総務部長 「計画で万全の対策が整ったとは考えていない。」

 再稼動はやっぱりノー!

 

玄海原発で事故! そのとき市民は安全に避難できるのか   ~糸島の風No.27

玄海原発で事故!
  そのとき市民は安全に避難できるのか

 原発には大量の核燃料があり停止していても危険です。
 原発事故時の避難計画は、再稼働の有無にかかわらず安全でなければなりませんが、国は責任を持たず自治体任せにしています。
 30キロ圏内にある糸島市は、広域避難計画作成に苦労していますが、やなぎ議員の一般質問で、不十分な国の指針を超えるものではなく、多くの問題点が明らかになりました。

○ 市の避難計画の対象は30キロ圏内にとどまっている

 糸島市は玄海原発から30キロを超えた地域に人口の大半が集中しています。
 福島事故では50キロの地域まで高濃度放射能で汚染されました。
 しかし国の指針による市の広域避難計画は対象を30キロ圏内に限定しています。

○ 最短で30分で放射能の雲が到達。
  でも被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤の配布、服用指示は1週間の内に? 

 安定ヨウ素剤は放射能の雲が来る前に服用しなければ効き目がありません。
 服用不可の人もいます。
 市の計画は避難計画指示が出た段階で校区公民館から配布し、1週間は屋内退避だからその間に指示に基づいて服用すればいいというもの。
 この発想で市民を被ばくから守れるのでしょうか。

○ 県が発表した避難時間の想定は非現実的

 福岡・長崎・佐賀三県合同で、4月末に事故の際の避難時間を、糸島市の場合標準で約12時間と発表しましたが、これは車で避難するのは30キロ圏内の人のみで、圏外の人は道路に出ないというもの。
 ガス欠や事故の想定もなく、全く非現実的です。
 市は避難時間の想定はせず、ルートのみを計画すると答えました。

○ 避難先は50キロ以内に10数カ所 大丈夫?

 一時避難の場所は30キロ圏内の分だけは福岡市内に計画されています。
 しかし原発から50キロ以内に10数カ所。
 放射能汚染の危険が高い範囲です。

○ 介護施設や病院の避難は?

 市はマニュアルを作成配布し、具体的な避難計画はこれからという段階です。

○ 保育園、小中学校は保護者の迎えが基本。

 事故発生時は交通障害の発生が想定され、迎えに行くのに長時間かかることが予想されます。
 共稼ぎで福岡市内など遠くに通勤している人が多い中で、この対応だけでは不安です。
 迎えにくるまで学校にとどまらせると答えましたが、先生たちも大変です。

命とくらし、自然を守るため、玄海原発の再稼働は、やめさせよう!   ~糸島の風No.27

命とくらし、自然を守るため、
玄海原発の再稼働は、やめさせよう!

 重大事故が起きれば、市の産業は大打撃

 生産額・売上高
農業 159億5千万円
水産業 21億6千万円
宿泊・飲食サービス業
    60億1千万円
 他にも多くの市民が自然
の恵みを生かした仕事を
している。

 いとう議員が、「放射能が放出されれば、自然を生かした市の産業は、大きな打撃をうける。どうするのか?」と聞いても、市は、「除染や避難後の生活は国の責任」との立場です。

 避難計画~最悪の事態を想定していない

 市の避難計画は、交通渋滞や、地震で国道やバイパスが通行止めになる最悪の事態を、まったく想定していません。

 二丈の鹿家に、最速30分で放射能は到達します。

 こども、高齢者、障がい者が、ひとりも被ばくせず安全に避難するなど不可能です。
 たとえ命が助かっても、海、山、水がひどく汚染されれば、除染はできず、何年も、もしかしたら一生故郷に戻れません。

糸島の豊穣の大地と海、そこに暮らしなりわいを立てる人々を守ることこそ 市会議員の責務   ~糸島の風No.27

谷口一成 寺崎強 井上健作 伊藤千代子 篠栗純夫 堀田勉 三嶋俊蔵 黒田公二 田原耕一 小島忠義 三嶋栄幸 中村進 松月よし子 徳安達成 那須英仁 田中菊雄 柳明夫 岡村一伸 高橋徹郎 波多江貴士 藤井芳広
× × × × × × × × × × ×

○は賛成の議員、×は反対の議員、△は退席。浦議長は表決権がありません。
     

 「玄海原発再稼働反対の意見書」は、否決に!
9人が賛成、11人が反対 (1人棄権)

 9月議会最終日、大勢の市民が見守る中、玄海原発の再稼働に反対する意見書は否決されました。
 しかし、以前より賛成議員が増え、反原発の世論は、確実に高まっています。

糸島の豊穣の大地と海、
 そこに暮らしなりわいを立てる人々を守ることこそ
  市会議員の責務

玄海原発再稼働反対意見書賛成討論

 やなぎ議員は、5人の議員とともに9月議会に玄海原発の再稼働反対する意見書を共同で提出しました。
 総務文教委員会では採択されたものの、本会議では本件のみ異例の起立採決が行われ、賛成9人で過半数にとどかず不採択になりました。
 やなぎ議員は、高橋・藤井・伊藤議員と共に賛成討論にたち、「福島事故以降、国民の節電努力で電力供給の不安は起こっていない。福島事故の賠償や除染など11兆円が費やされ、全て電気代上乗せや国民の税金で負担している。原発は経済的にもマイナス。市議の責務は糸島の富、すなわち豊穣の大地と海、糸島に暮し生業を立てる人々を守ること」と訴えました。

 

「玄海原発再稼働反対の意見書」が否決されました ~ 9対11でした。  もう一歩!

Img_20141012_11 「玄海原発再稼働反対の意見書」が否決
          ~ 9対11で

 糸島市議会最終日の9月25日、玄海原発の再稼働に反対する意見書は、9対11で否決されました。
 しかし、今までにない活発な討論が、議場の傍聴席を埋め尽くす市民の前で行われ、賛否が拮抗したことは初めて。
 歴史的意義があったと確信できます。
 ぜひインターネットで、視聴していただきたいと思います。

 原発をなくそうと取り組んでいる市民団体のみなさんの熱意が、議会変革への大きな原動力となっています。
 また新人のやなぎ議員は、議会内外で大奮闘しました。
 人は自然なくして生きられず、放射能で故郷を汚染させたくない、避難だけの問題ではない。
 その声は、今いっそう高まりつつあります。がんばりましょう。

 意見書に賛成の議員
    やなぎ、伊藤、三嶋(栄幸)、藤井、高橋、波多江、
    松月、徳安、小島の9人。

 意見書に反対の議員
    谷口、堀田、篠栗、岡村、三嶋(俊蔵)、田原、井上、
    中村、黒田、田中、那須の11人。

 なお、寺崎議員は、退場して賛否に加わらず棄権でした。
  

 市議会 議会中継(録画)は、→ こちらをクリック
   (平成26年 定例会 9月25日(木)「委員長報告、質疑、討論、採決」)

  

 

その他、重要な案件
○ 格差と貧困が広がり、市の財政難のなかで、
    大型公共事業推進の25年度一般会計歳入歳出決算に反対。
○ 「農業、農協改革」に関する請願については、賛成。
○ 手話言語法の制定を求める請願には、賛成。
糸島の風で詳しく報告します。

「玄海原発の再稼動を行わないことを求める意見書」採択へ!9月25日糸島市議会に、みんなで議会傍聴にいきましょう!

【議員団ニュース】

 9月8日の午前中、市議会の総務文教委員会で、玄海原発の再稼動を行わないことを求める意見書が採択されました! 委員長を除き、4対3で!

議場での正式な採択は、
 9月25日午前10から、
   みんなで議会傍聴にいきましょう!

 賛成は、やなぎ議員、三嶋議員、高橋議員、それに小島議員。反対の発言は3人です。

 賛成意見は、福島の原発事故を教訓に、市民の命を守るため、原発再稼動は行わないでほしいというものです。

 反対意見は、「地球の温暖化はどうする?」「電気料金があがったら市民が困る。」「現地に視察に行ったが、女川原発は安全だった。」「危ない危ないというが、どんなふうに危ないのかわからない。電源は高いところに移したから津波の心配はない。」
 これらは原発の20数キロに住んでいらっしゃる議員の方々の主張です。

 また、「事故を想定した意見書は、フェアではない。国は厳重な審査をしており、九電も現場は命がけで仕事している。将来的にはなくすべきだが、大局的に物事を見るべき。賛成すれば、選挙で票が増えるかもしれないが、信念を持って(意見書に反対)」・・・というような意見もありました。

 10万市民の命に関わることであり、議会最終日の25日に、採決が行われます。
 市民の世論がなければ、採択は難しくなります。大勢で傍聴に行きましょう。


○ 日本会議から出ていた「憲法改正を求める請願」は、同じく委員会で採決されました。
 反対は、やなぎ議員、高橋議員の2人。賛成は5人。これも、本会議で採決します。
 9月25日は、他にも大事な採決があります。
 市政を良くしたいみなさん。暮らしや平和を守るために、みなさんの力が必要です。応援をおねがいします。


Img_20140925_10  今会議は、手話言語法の制定を求める意見書案もあり、私は手話で質疑しました。
 農協から出された「農業・農協改革」に関する請願は、私の属する建設産業委員会で審議。農村で農協がなくなるとATMも使えなくなり困ることなど、私が積極的に質疑し、最後はいとう議員と那須議員、田原議員の3人が賛成討論して、採択しました。

 暴言の絶えなかった暴力的体質の議会が少し改善し、わずかでも是々非々で話し合いができるようになったのは、前進だと思います。

糸島市9月議会が始まりました  一般質問 傍聴におこしください  9月11日、9月12日

糸島市9月議会が始まりました

Img_20140907_01

 ☆ 9月11日(木) 午前10時~11時ごろまで

 

 柳 明夫 議員(総務文教常任委員)

  1.  二丈・志摩の支所経費として5億円6千万円(3年間分)が国から交付される。 二丈・志摩のために使うことを提案
  2.  新たに制定された小規模企業振興基本法に基づき、中小企業への支援体制拡充、住宅リフォーム助成制度拡充、中小企業振興条例制定などについて
  3.  玄海原発の災害発生時に全市民が避難できるのか、市の広域避難計画を問う
      

 ☆ 9月12日(金) 午前10時~11時ごろまで

 

 伊藤 千代子 議員(建設産業常任委員)

  1.  雷山川、瑞梅寺川、川原川の水害対策、中央ルート・アンダーパスの水害の危険性について
  2.  原発の重大事故から命と自然を守る対策について
  3.  桂田踏切の廃止についての市民・議会への説明責任、糸島高校周辺の交通量増加、JRとの覚書と新駅建設促進会などについて

 6人の議員で「玄海原発再稼働反対」意見書案を9月議会に提出
 8日10時から総務文教委員会、25日10時から本会議で審議

 無所属の三嶋栄幸議員が提案者、共産の柳明夫、民主の徳安達成、無所属の高橋徹郎、藤井芳広、波多江貴士の各議員が賛同者となって、9月議会に「玄海原発の再稼働を行わないこと」を国に求める意見書案を提出しました。
 超党派で6人もの連名での意見書案提出は糸島議会始まって以来です。

 意見書案は「玄海原発は糸島市の西側にあり、3号機は危険なMOX燃料を使っており、ひとたび事故が起きれば、糸島市の被害は福島事故より大きなものになる。 糸島は今、豊穣の大地や海の恵みによる糸島ブランドの真価が行き渡り、飛躍の条件を整えようとしているが、ひとたび放射能で汚染されたら糸島ブランドは崩れ去り、未来は暗く閉ざされる。 また処理しようのない核廃棄物も増え続けることになる」と再稼働反対を訴えています。

 8日(日)午前10時から総務文教委員会で、25日(木)午前10時より本会議で討論、採決が行われます。
 ぜひ傍聴におこしください。

   

Img_20140907_02

 9月議会 一般質問の日程

9月10日(水)
午前10時から午後3時ごろ
○発言者
1.小島忠義(無所属)
2.岡村一伸(維新)
3.堀田 勉(無所属)
4.藤井芳広(無所属)
9月11日(木)
午前10時から午後3時ごろ
○発言者
1.柳 明夫(共産)
2.徳安達成(民主)
3.高橋徹郎(無所属)
4.松月よし子(無所属)
9月12日(金)
午前10時から午後3時ごろ
○発言者
1.伊藤千代子(共産)
2.波多江貴士(無所属)

Img_20140907_03

 

玄海原発事故 ハザードマップ  風下への避難ルートでいいのか?  糸島の風No.26

玄海原発事故 ハザードマップ
風下への避難ルートでいいのか?

 原発事故の避難所は、福岡市、春日市などすべて糸島市の東です。
 いとう議員が、「糸島市は、年間100日も西風が吹いている。風下へ避難したら、被ばくの可能性がある。東への避難ルートだけでいいのか」ときくと、市は「放射線の拡散状況を予測し、柔軟な対応を取る」と述べました。風向きの関係なく、避難先はひとつだけです。

原発30キロ圏内の福祉施設を、”核シェルター”に!  外が汚染されても屋内はゼロ? 外が汚染されたら、何にもならない。「核シェルター」を作ってまでの原発再稼働に反対を

原発30キロ圏内の福祉施設を、
   ”核シェルター”に!

※再稼働すると、原子炉内の温度は、20度から325度に上昇する。
※使用済み核燃料は、毎年48トンずつ増え続ける。

いとう 30キロ県内 1万5千人だが、20キロ圏内の住民は何人か? 放射性物質は、二丈鹿家に最速何分で到着するのか?

危機管理部長
 226人。 最速30分である。

いとう 国は再稼働に備え、全国の30キロ圏内の福祉施設を改修公示し、放射性物質防護施設(核シェルター)にする計画だ。
 今年度は、姫島の福祉施設「はまゆう」を2億円で改修工事する。
 外がどんなに放射能で汚染されても、屋内は放射能をゼロにできるというのか?

危機管理部長 自然界の放射能もあるから、ゼロに近い数字にはなる。

いとう どんなに屋内が安全でも、外が汚染されたら、何にもならない。 糸島市の魅力は、豊かな自然と恵みだ。 「核シェルター」を作ってまで再稼働すべきではない。 市長はどう考えるか?

市長 放射性物質は降り続かない。おさまったら避難してもらう。

いとう ばく大な損害を受け、放射能で汚染されたら、住めなくなる。 自然と他の生物の命を犠牲にして、人間は生きられない。 子どもの未来を守るため、原発の再稼働には反対すべきだ。

---

市民の安全のためには、
及び腰でなく断固とした姿勢を


 一人暮らしのお年寄りは市内
に4千4百人以上います。 
入院患者など災害弱者を含め
た避難計画の100%確立はきわ
めて不透明です。
 最大の安全策は原発を廃炉
にすること。 市は断固たる姿
勢を示すべきです。

やなぎ 市長は選挙中、広域避難計画が確立しないうちは玄海原発再稼働に反対といっておられたが、今も変わりはないか。

市長 広域避難計画確立が第一。 国の判断と併せて判断する。

危機管理部長 広域避難計画は一般家庭は26年度に、福祉施設、病院、小中学校は27年度中27年度完成をめざしている。

やなぎ 九電は"糸島市の計画などお構いなく"26年度中にも再稼動を行おうとしている。再稼働反対をきちんというべき。

Img_20140419_03 月形市長 広域避難計画が確立しないうちの再稼働は、拙速に行うべきではないと口頭で九電に伝えている。

 

より以前の記事一覧

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq