しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

危険対策

糸島市9月議会が始まりました  傍聴におこしください 9月10日(木) 9月11日(金) 

糸島市9月議会が始まりました
Img_20150906_02

☆9月10日(木) 午前11時ごろ~12時ごろまで

柳 明夫 議員(総務文教常任委員)

1、安保法制法案(戦争法案)、日米協力に基づく糸島市の「後方支援」、協力体制について

2、ゴミ収集運搬事業の車庫などの開発行為、住環境保護への市の対策について

3、生活困窮者自立支援制度の充実、子どもの学習支援、住宅扶助改訂に伴う市の対応について

 

9月11日(金) 午前10時ごろ~11時ごろまで

伊藤 千代子 議員(建設産業常任委員)

1、波多江小学校などの校舎改修、工事の発注について

2、高齢者の暮らしの現状、生活支援策について

3、台風15号と自然災害、住民の避難と課題について



 安保法制法案(戦争法案)で市町村が戦争に巻き込まれる危険が現実のものに!

 今、国会で審議されている安保法制法案と一体になっているのが、4月に締結された「日米新ガイドライン」です。
 そこには、日本が攻撃されていなくても海外の戦地に自衛隊に派兵する「存立危機事態」でも、市町村の力を「後方支援」(米軍等への物品、役務等の提供)に活用することが明確に書かれてあります。
 安保法制の中の武力攻撃事態法改正案では、「存立危機事態」での市町村の責務を定めようとしています。

 米の無法な戦争に日本が参戦し市町村が協力をさせられれば、平和な田園都市である糸島もテロやミサイルなどによる攻撃対象になる危険が高まります。

 糸島市の幼稚園が、ミサイル攻撃の場合の避難所になれるか県の回答を求められる

 今年6月に、県が市立の学校、幼稚園などにミサイルや航空攻撃の際の避難所になれるかどうか調査を行い、糸島市内の幼稚園にも回答を求めてきました。
 国策を誤れば子ども達まで戦争に巻き込まれてしまう、安保法制はそういう危険性を持っています。
 9月議会でこの問題でも市長の見解を聞きます。

 

9月議会一般質問の日程
  9月10日(水)
午前10時~午後3時ころまで
○発言順
1,黒田公二(公明党)
2,柳 明夫(共産党)
3,篠栗純夫(公明党)
4,高橋徹朗(無所属)
  9月11日(木)
午前10時~午後3時ころまで
○発言順
1,伊藤千代子(共産党)
2,波多江貴士(無所属)
3,松月よし子(無所属)
4,三嶋栄幸(無所属)
  9月12日(金)
午前10時~午後3時ころまで
○発言順
1,岡村一伸(無所属)
2,井上健作(無所属)
3,徳安達成(民主党)
     
糸島の風 号外
2015年 9月
日本共産党
糸島市議団発行
伊藤千代子 322-9288
柳 明夫 334-1028
Img_20150906_03

放課後児童クラブ 今年4月から6年生まで   糸島の風No.28

放課後児童クラブ
今年4月から6年生まで

○ 今年4月から、市内の全小学校で、希望すれば6年生まで放課後児童クラブに入れることができるようになりました。

○ やなぎ議員は児童数の増にみあう施設の拡充や指導員の体制、特に安全面に配慮した措置について質問。
 市は必要に応じて空き教室の確保や、指導員の増員を行うと答えました。
 (市は現在も国の基準を上回る指導員の配置を行っています。)

Img_20150201_03

災害防止に役立つ農業守ろう ≪市の農業の経済効果は年間81億円≫  ~糸島の風No.27

災害防止に役立つ農業守ろう
 ≪市の農業の経済効果は年間81億円≫

Img_20141020_02  糸島市では、平成3年に1時間148ミリの豪雨で、大きな被害を出しました。

 いとう議員は、農業による「水害防止や環境保全、水源の涵養(かんよう)」などの「国土保全の経済効果」が、糸島市だけで年間81億円にもなることを取り上げました。

 「自然災害が多発している中で、水田が住宅地を水害から守り、山間地の農地が土砂災害を防止している・・・」と述べ、
 「食糧生産と災害防止に役立つ地域農業を守ろう」と訴えました。

 

波多江駅ロータリー西の危険な市道が広がります(来年度)   波多江駅南側のバリアフリー化は平成30年度までに実現   糸島の風No.22

波多江駅南側のバリアフリー化
  平成30年度までに実現

Img_20140112_16
 いとう千代子議員は、階段が多く、くねくねとして使いづらい波多江駅南側のバリアフリー化を、議会で求め続けてきました。

 それがようやく実施計画に載り、平成30年には完成する予定です。
 予算は約3億円。
 

来年度 波多江駅ロータリー西の
       危険な市道が広がります

 波多江駅北の県道からの進入路の狭い市道が、来年度、6メートルに広がります。
 しかし財政難で、歩道をつける予算はありません。

 いとう議員は、「ムダな道路より、通学路・生活道路が大事。歩道もつけてほしい」と要望。

 県道の白線が消えて危険であることも、指摘しました。

Img_20140112_17

 

 

不正の追求を恐れて、懲罰で議員の発言権を奪った議会   糸島の風No.19 2013年9月

Img_20130915_05

 糸島市議会は、伊藤千代子議員が「いじめじゃないの」とつぶやいたのを「議会の品性を汚した」と3日間の出席停止の懲罰にし、さらにブログの記事を理由に辞職勧告をおこないました。
 それを8月1日付「広報いとしま」に載せ、伊藤議員を一方的に非難しました。
 日本共産党は、古川議員、ひわだ議員など7名で「これは、税金を使った個人攻撃だ」と講義しました。 ( 「議会で怒鳴り散らしてきた議員たちが、伊藤議員の懲罰動議を提出。  伊藤議員のブログ記事」を参照)

 今回の懲罰で、伊藤議員は一般質問ができず、発言権が奪われました。
 伊藤議員の辞職勧告を提案したのは、吉村副議長です。
 吉村議員は、「ため池のことは質問しなんな」と、伊藤議員に圧力をかけてきた議員の一人です。
 水害の危険性を隠して市が進める「前原東土地区画整理事業」の問題を、質問させたくなかったのは明らかです。

犯罪や飲酒で議会を
汚した議員には、懲罰
や辞職勧告をしなかった

 昨年、女性に暴行し、スト
ーカーを行って逮捕された
議員は、「個人の問題」と
言ってかばい、酒の匂いを
ぷんぷんさせ、議場に入っ
た議員(06年)もかばって、
懲罰も辞職勧告もしません
でした(二人とも自民系の
元委員長)。
 身内に甘い体質こそ、
大問題です。

なぜ「いじめじゃないの?」と
 つぶやいたのか?

 市議会には、暴言を吐く議員が多数いますが、有田議長はそれを一度も注意したことがありません。
 3月の予算委員会で、部長の答弁に腹を立てた議員が大声で、「おまえら、余計なことを答弁すんな!」と怒鳴ったときも、伊藤議員が「職員を怒鳴る品性のないヤジは、やめさせるべき」と注意しました。
 6月議会で、「いじめじゃないの?」と言ったのも、請願の紹介議員に対して、失礼で侮辱的な質疑をおこなう自民党系議員を注意するためでした。

暴言を全く注意できない他の議員

 長年、「きさま」「出ていけ」「なめとうとか」等の暴言で議会の品性を汚してきたのは自民党系議員です。
 それを他の公明党、民主、社民の議員は、ただの一度も注意したことがありません。

なぜ「飲酒現場の写真を撮り、ブログに載せた」のか?

 伊藤議員を懲罰に訴えた中心は、いままでヤジ、暴言を繰り返してきた浦伊三次議員、井上健作議員、三嶋俊蔵議員です。
 しかも、懲罰の決定が議会で決定されていないのに、懲罰を提案した議員と懲罰委員長(谷口一成議員)が待ち合わせてともに飲食したのは、馴れ合いそのもの。
 だからこの時の写真をブログに載せ、「こんな議会でいいのでしょうか?」と訴えました。

視察に行かなかった理由は?

 伊藤議員はこれまでずっと視察に参加し、糸島の風やブログで報告し、議会で取り上げてきました。
 しかし今回は、「つまみだせ」「共産党は出ていけ」と怒鳴り、「ため池の質問をするな」と圧力をかけ、自殺した職員にパワハラをふるっていた議員たちとの2泊3日の視察は、「身の危険を感じる」と欠席しました。
 その理由届けを、浦建設産業委員長は「理由にならん」と受け付けず、「視察を無断欠席した」と非難したのです。

Img_20130915_06  市議会は、前原市の時からヤジ、暴言がまかり通るいじょうな議会でした。
 日本共産党は、議会の馴れ合いに染まることなく、市民の声が届く品性のある議会へ、力を尽くします。

 

波多江公民館の新築 ~今年中に完成するが・・・   現在の公民館が廃止に! 水害時の避難先として問題?  ~糸島の風 前原東中学校区版

波多江公民館の新築 ~今年中に完成するが・・・
 現在の公民館が廃止に!

 私は「5千人がすむ高田に、公的な避難所がまったくない。集会所か高齢者憩いの家など、公共施設をつくって」と議会で訴えてきました。
 そんな中、市は一昨年から、高田に新しい波多江公民館の建設を始めました。

 ところが市は、この新公民館が年内に完成すると、来年1月5日にオープンさせ、現在の公民館は廃止すると決定しました。

Img_20130420_03s

 それでは、瑞梅寺川と雷山川に挟まれた池田や板持、志登、波多江の住民7千人が、台風や豪雨のとき、川を越えて避難しなければならなくなります。
 あまりに危険です。
 「新公民館は川に近いが、大丈夫か」と尋ねると、市は「道路より1メートル高くする」と答えました。

 一昨年、「道路が冠水したらどうするのか」と聞いたとき、市長は「冠水する前に、公民館に避難すればいい」と答弁しました。
 しかし、高齢者や子どもなど災害弱者は、すぐに逃げられません。

廃止せす、活用を!

 長糸校区(人口2千人)や雷山校区(人口3800人)は、公民館の他、高齢者憩いの家があり、波多江校区は人口1万2千人で、公民館しかありません。
 廃止せず、災害時の貴重な避難所として、今後も活用すべきです。

  
  

必要でしょか? 国・県・市の税金を16億円を使う大開発  台風の大雨、集中豪雨、水害から住民を守ってきた 浦志の”水田”や”ため池”を埋め立てないで  虚偽の説明で水田を農振除外に  議員や有力者の土地を次々開発  ~糸島の風No.16

水田・ため池の宅地化で失う保水力、約6万トン

潤・浦志・泊・新田に水害の危険が!

前原東土地区画整理事業(1千戸の住宅開発)
市が、水害の危険性をごまかす。

 区域内の保水能力

水田 (市の答弁より) 
  26,000トン
柱田のため池
  17,000トン
相の町ため池
  15,000トン

合計
  58,000トン

調整池は、4250トン

 この事業で水田13ヘクタールとため池ふたつを埋めたてると、約5万8千トンの保水力が失われます。

 しかし開発後、水害対策でつくる調整池は、わずか4250トンです。
 ゲリラ豪雨など異常気象の続く中で、土地の低い雷山川周辺と下流の水害が心配です。

建設は(株)へいせい

 松本市長は、「少子化対策で人口を増やす」と説明していますが、保留地(200戸建設)に住宅を建設する地場業者は(株)へいせいだけです。

虚偽(ウソ)の説明で水田13ヘクタールを農振除外

 2011年11月の農業振興地域整備促進協議会で、大規模な農地を宅地化することで、下流に流出する水を心配する委員に、
市は、「既存(きぞん)の調整池を活用して、徐々に下流に流す計画だ」と答弁しました。
 そこで、伊藤議員が、
「既存の池とは、どの池か?」と聞くと、
市は、「柱田ため池のことだと思う」と答えました。

 「柱田ため池は、水田といっしょに埋め立てるから、活用できないではないか」と追求すると、
「開発後につくる4250トンの調整池のことだった。既存の池と言ったのは間違い」と答えました。

 今ある池は埋め立ててしまうのに、「既存の池を活用する計画がある」と虚偽の説明で委員を納得させ、13ヘクタールの水田の農振を除外したのです。
 「間違えた」では済まされません。

農業委員会にも虚偽の報告

 2011年10月、農業委員会は、ため池を埋めた場合の影響を心配し、下流の地域と十分調整するよう、意見をつけました。

 それについて市は、翌月の農業委員会で、「二つのため池の所有者・浦志の水利土木組合長が、下流の新田、泊3の水利組合長に了解を求め、了承を得た」と報告しました。

 しかし、柱田ため池の7割は市の所有です。
 浦志の水利土木組合ではありません。
 市は、所有者をごまかして、農業委員会に報告していたのです。

 2011年10月の農業委員会では、相の町ため池の所有者の一人である K議員が「ため池を埋めても大丈夫」と発言し、今度の12月議会でも同様の発言をしています。

ため池の資産価値が十億円に!

資産価値ゼロのため池が、この事業で宅地化されると、1㎡4万4900円になり、資産価値は約十億円になる。

市 「ここのため池に、
 水害防止機能はない」

 柱田池と相の町池は、二つで波多江小学校と同じ2万2千㎡もの面積があります。

 伊藤議員が、「広大なため池を宅地化して潤や浦志、泊が水害にあったら、だれが責任をとるのか」ときくと、
「ここのため池は農業用水用。道路から雨水は流入しない。だから水害防止の機能はない」と答弁しました。

 しかし、これは間違いです。
 雨は上から降ります。
 台風や豪雨で大量に降った雨は、ため池にたまり、少しずつ下流に排出され、水害を防止しています。
 ため池は「多面的機能」をもつ地域の宝です。

  ため池の現況

柱田ため池 16,699㎡
  市所有地  11,812㎡
  民有地    4,887㎡
  (名義人は2名)

相の町ため池 5,669㎡
  民有地  5,669㎡
  (名義人は、K議員と
     他1名の2名)

※4名とも2011年6月22日に
  相続で名義を変更。

※市の土地台帳、ため池台帳
、議員の資産報告書、都市計
画審議会への報告書をもとに
作成。

水害が起きれば、
    市の責任は重大

 糸島市にある水田やため池など、農業施設の洪水防止・経済効果は、3億1千万円にもなります(市の答弁)。

 国は災害に備え、ため池を改修をすすめるよう自治体を指導し、個人・共同所有だったため池のほとんどが、今、市の所有になっています。

 柱田ため池も、住民の寄付で面積の7割が市の所有になっており、これを埋めたて水害が起きれば、市の責任は重大です。

議員や有力者の土地を
    つぎつぎ開発

 市民が「格差と貧困」で苦しむ中、市長は議員や有力者の土地をつぎつぎ開発しています。

 合併直前には、自民党系議員の調整区域の土地を開発。
 この議員は、自分の土地の開発議案に議会で自ら賛成し、翌年、8千万円の利益を得ました。
 (12年1月に女性への暴力事件で議員を辞職)

 また、前原西産業団地の予定地は、(株)へいせい社長の山林です。

 今度の前原東区画整理事業の会長は、元議員で、現職議員や幹部職員も利害関係者になっています。

 地方自治法で、「議員は、利害関係のある議事には参与できない」とあるのに、糸島市議会では、それが守られていません。

 松本市長の与党の自民系議員が、議会の重要ポストをすべて独占し、行政のチェック機能が果たせない状況になっているからです。

加布里の国道赤坂橋の架け替え工事が年内に完成へ…生活に必要な道路の整備はきちんと! ムダな事業はやめて!糸島市

糸島市議会議員 伊藤千代子ブログ~ちよ便り」より転載

加布里の国道赤坂橋の架け替え工事が年内に完成へ
…生活に必要な道路の整備はきちんと!

 2003年(平成15年)からはじまった国道赤坂橋の架け替え工事が、年内に完成する。(仮橋の撤去など一部の工事は年を越すが…)
 長い間、工事中で通りにくく渋滞状況になることもあったので、近隣住民、関係者に喜ばれるだろう。
 橋の前後の歩道の整備を含め、22億円の事業費がかかったが、多くの人にとって、必要なインフラ整備、生活道路の整備はきちんとしてほしいもの。

 築90年だった赤坂橋。
 大雨のたびに増水して道路にあふれたり、みんな心配していた。
 今までありがとう。
 そしてまた、これからもよろしくお願いします。

 波多江校区に築80年の久保田橋があり、これもかなり老朽化し、狭いのに交通量が多く、交通事故もおきて地域住民が不安をかかえている。
 これは市道の一部なので、市の責任で架け替えなければならない。
 県が東風校区の潤につくっているあの中央ルートの国道北側だけで、40億円。
 住宅の移転補償費が一番大きい。
 ムダな事業をするのは、なんともったいないことか。

     ×    ×    ×

 今日(11/16)、衆議院が解散した。
 生活に苦しむ人がこんなにいる時代に、税金のムダづかいをやめれば、もっともっと多くの人が救われる。
今日は建設産業委員会があり、また驚くようなことがあった。それはまた今度…

北部九州が集中豪雨で大災害  さらに被害を拡大させるような開発を進める糸島市!  ムダな開発をやめさせ、水害に強いまちづくりを

北部九州が集中豪雨で大災害
ムダな開発をやめさせ、水害に強いまちづくりを


 
篠原・浦志の区画整理事業(1千戸の住宅開発)で20ヘクタールの水田を埋めると、4万トンの雨水が水路に流れ込み、浦志、泊は水害の危険性が高まる。


 潤の中央ルートで、JRの下をくぐる地下8メートルの道路を雷山川の近くの潤南に作る計画。
 いまでも浸水の被害が出ているのに、いっそう水害の危険性が高まる。

 

県と市の防災訓練について  原発災害から、市民の命と暮らしを守れるか?

県と市の防災訓練について

 原発災害から、市民の命と暮らしを守れるか?

 6月3日午前中、県と市は、糸島市の船越漁港で、自然災害地震、津波などの自然災害と、原発事故の防災訓練を行いました。
 原発災害の避難訓練については、玄海原発から20キロ圏内にある二丈・鹿家の住民39人を、用意したバスで福岡市早良区の修猷館高校(原発から60キロ)まで運び、放射能の測定などをする訓練がされました。

 ひわだ議員が、「情報が入ってから、避難するのにどのくらい時間がかかったのか」と質問すると、市は「情報が入って住民に連絡し、避難するまでに28分かかった」と答えました。

 今回は39人の避難でしたが、30キロ圏内だけで住民は1万5千人もいます。
 寝たきり、病人、乳幼児などの災害弱者もおり、現実に原発事故の放射能から逃げられるでしょうか?

 福島の事故では、風下の飯舘村(40~50キロ)に避難して被曝した住民が多数いました。
 原発事故は人災であり、危険な原発はなくすのが一番の防災です。

  
 

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq