しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

高齢者

糸島市9月議会が始まりました  傍聴におこしください 9月10日(木) 9月11日(金) 

糸島市9月議会が始まりました
Img_20150906_02

☆9月10日(木) 午前11時ごろ~12時ごろまで

柳 明夫 議員(総務文教常任委員)

1、安保法制法案(戦争法案)、日米協力に基づく糸島市の「後方支援」、協力体制について

2、ゴミ収集運搬事業の車庫などの開発行為、住環境保護への市の対策について

3、生活困窮者自立支援制度の充実、子どもの学習支援、住宅扶助改訂に伴う市の対応について

 

9月11日(金) 午前10時ごろ~11時ごろまで

伊藤 千代子 議員(建設産業常任委員)

1、波多江小学校などの校舎改修、工事の発注について

2、高齢者の暮らしの現状、生活支援策について

3、台風15号と自然災害、住民の避難と課題について



 安保法制法案(戦争法案)で市町村が戦争に巻き込まれる危険が現実のものに!

 今、国会で審議されている安保法制法案と一体になっているのが、4月に締結された「日米新ガイドライン」です。
 そこには、日本が攻撃されていなくても海外の戦地に自衛隊に派兵する「存立危機事態」でも、市町村の力を「後方支援」(米軍等への物品、役務等の提供)に活用することが明確に書かれてあります。
 安保法制の中の武力攻撃事態法改正案では、「存立危機事態」での市町村の責務を定めようとしています。

 米の無法な戦争に日本が参戦し市町村が協力をさせられれば、平和な田園都市である糸島もテロやミサイルなどによる攻撃対象になる危険が高まります。

 糸島市の幼稚園が、ミサイル攻撃の場合の避難所になれるか県の回答を求められる

 今年6月に、県が市立の学校、幼稚園などにミサイルや航空攻撃の際の避難所になれるかどうか調査を行い、糸島市内の幼稚園にも回答を求めてきました。
 国策を誤れば子ども達まで戦争に巻き込まれてしまう、安保法制はそういう危険性を持っています。
 9月議会でこの問題でも市長の見解を聞きます。

 

9月議会一般質問の日程
  9月10日(水)
午前10時~午後3時ころまで
○発言順
1,黒田公二(公明党)
2,柳 明夫(共産党)
3,篠栗純夫(公明党)
4,高橋徹朗(無所属)
  9月11日(木)
午前10時~午後3時ころまで
○発言順
1,伊藤千代子(共産党)
2,波多江貴士(無所属)
3,松月よし子(無所属)
4,三嶋栄幸(無所属)
  9月12日(金)
午前10時~午後3時ころまで
○発言順
1,岡村一伸(無所属)
2,井上健作(無所属)
3,徳安達成(民主党)
     
糸島の風 号外
2015年 9月
日本共産党
糸島市議団発行
伊藤千代子 322-9288
柳 明夫 334-1028
Img_20150906_03

国の介護保険改悪から高齢者を守れ  必要な医療・介護・福祉が保障される体制を  国保税大幅アップにつづく介護保険料アップに反対!  糸島の風No.29

国の介護保険改悪から高齢者を守れ  必要な医療・介護・福祉が保障される体制を

やなぎ 医療介護総合法は、要支援を介護保険から市町村のサービスに移し、特養入所も要介護1と2の人を原則外す方向で大きな改悪。
ホームヘルプ、デイサービスが市の事業に移ることになるが、どう変わるのか。
要支援の人たちへのホームヘルプやデイサービスが市の事業に移ることになるが、どう変わるのか。
健康増進部長 現行の専門職によるものとボランティア、NPOなどによる多様なサービスになり、その人の状態によって使い分ける。
やなぎ 施設による現行のサービスを継続したいと希望する場合は認められるか。
健康増進部長 基準を満たせば継続できる。
やなぎ 要支援の人の市の事業への振り分けはどのように行うか。
無理に事業に移行させられることはないのか。
健康増進部長 地域包括センターに相談してもらい、作成されたケアプランに基づいて判断する。
特養入所はどうなるか
やなぎ 特養の待機者は。
健康増進部長 自宅での待機者は90名。
やなぎ 市はこれから3年間施設を増やさないと言うが、それで介護を支えられるのか疑問だ。
要介護1と2の人の入所希望への対応は。
健康増進部長 4月から国の基準が適用される。
自宅介護がきわめて困難な場合も適応される。
やなぎ 国は無理に自宅介護の流れをつくろうとしているが、厳しい実情の家庭も多い。柔軟に対応を。
いつでも必要な医療・介護等を受けられる地域包括ケアシステムづくりを推進しなければならない。
無理に事業に移行させられることはないのか。
   

国保税大幅アップにつづく
介護保険料アップに反対!

 今年4月分から国保税の大幅アップを決めたばかりなのに、3月議会に4月から介護保険料アップが提案されました。
 共産党議員団は「年金が下げられている上に、国保と重なる介護保険の値上げはあまりに厳しい。市も財政を繰り入れ、高齢者に支援を!」と反対しました。
  

介護保険減免制度の周知を

 市には、災害や所得の激減(その年の見込み所得が前年の30%以上の域で生活が苦しいとき)、生活保護は受けていないが生活保護基準に該当する場合の介護保険料減免規定があります。
 やなぎ議員は広報などへの掲載を求め、市は周知を約束しました。

 

障害者の老後(施設入居)について  きららのプールに「障害者割引を」 糸島議会  糸島の風No.29

障害者の老後(施設入居)について  糸島議会

いとう~  4つの障害者施設は定員がいっぱいで、親亡き後、入所できるか家族が不安に思っている。
親が急に亡くなって養育ができない状況になった事例はあるか?
市~  25年度にあった。
家族、民生委員、サービス事業者から相談があり、短期入所の間に、圏外含め施設を探した。
いとう~  遠すぎるとお見舞いにいけない。
国が施設をつくらない方針の中、市の対応は?
市~  現状の入所は維持する。
障害者と親の高齢化の不安は聞いている。
相談にはきちんと応じる。
いとう~  大切なのは、障害者が住み慣れた地域で教育を受けられ、安心して老後を過ごせる町づくりと考える。
よろしくお願いしたい。
 


 きららのプールに「障害者割引を」

 福岡市や春日市などでは、プールの使用料を、障害者は無料か半額身しています。
 いとう議員は、「障害者世帯は低所得者が多い。健康づくりのためにも、障害者手帳をお持ちの方の料金は半額に!」と要望しました。

 しかし市は、「料金の負担感、利用による効果は障害のない人と変わらない。割引は考えていない」と答弁しました。

  
 

「手話言語法」の制定を求める請願に 賛成  ~糸島の風No.27

「手話言語法」の制定を求める請願に 賛成

 聴覚障害者協会から出されていた請願に、いとう千代子議員が、手話で賛成討論を行い、
「聴覚障害の子ども達が、手話で教育を受けられ、聴覚障害者が、手話を使って自由に生きることができる社会を」と訴えました。

福吉駅と一貴山駅の無人化   中止して下さい!   6月議会報告  二丈の風No.83

Img_20140720_01

何かあってからでは遅い

Ito_t いとう 7月1日から福吉駅と一貴山駅が無人駅になると、二丈の5つの駅のうち4つが無人になってしまう。
 駅員さんがおられることで、掃除が行き届き、朝8時から夜8時まで安心だった。
 無人化で、駅が非行少年のたまり場になる恐れもあり、防犯対策が心配だ。
 市は、現地に足を運び、住民の声を聞いたか。

 5月に代表区長に話し、我々も駅の現地を見た。
 警察の巡回を増やすようお願いしている。

いとう 100段近い階段のある福吉駅は、無人になったら高齢者や障がい者は乗り降りできず、観光や親せきも来られなくなる。
 対応は?

 車イス等は、(乗る時も降りる時も)深江駅に連絡あれば、係員が出向いて対応する。
 車イス利用者には、JRが説明をする。

市長 答弁せず

いとう JR無人化基準は、1日の利用者が700人。
 加布里駅が、今700人。
 このままでは、前原以西は無人駅ばかりになってしまう。
 二丈は、合併後、人口が減って、過疎・高齢化が進んでいる。
 人口対策は、前原ではなく、周辺部(バスの充実など)が必要だ。
 市長はどうかんがえているか。

市長 (・・・)

 電車もバスも、地域が乗って支えるべきだとアピールする。
 市民もそう理解してほしい。

いとう 福吉校区の方が手紙をくださり、JRに抗議したが、上が決めたことだと切られたという。
 「糸島市が人口をふやしたいのなら、弱者を切り捨てないで」と訴えている。
 市は、今後ばく大な税金で新駅の整備費用を負担する予定だ。
 市長は、JRに住民の声を届け、無人化の中止を要望していただきたい。

(部長) JRは、基準を設けてしている。やむを得ない。

3月議会  26年度一般会計予算案に反対  国保税引き下げの意見書案には賛成  

糸島市3月議会 26年度一般会計予算案に反対
国保税引き下げの意見書案には賛成

財政苦しめる大型事業

中央ルート ~ 6950万円

前原東土地区画整理事業
(あごら西の住宅開発)
~ 4億6000万円

図書館移転事業 ~ 
   4億1436万円
 九電の築23年と築33年の
 老朽化した元営業所を買い
 、大改修をして移転する。

 日本共産党はの柳明夫・伊藤千代子の両議員は、借金財政の中、ムダな大型事業を進める26年度予算や、移動図書館車パピルス号の廃止には反対し、国保税の引き下げの意見書案には賛成しました。

 初当選した柳議員は、一般質問や予算委員会で積極的に市民の要求を取り上げ、伊藤議員とともに奮闘しました。


 国保引き下げへ
 国の補助増額を

Img_20140419_01  収入の1割から2割も占める国保税。
 しかも市内の加入世帯の7割が所得200万円以下。
 払いたくても払えないと悲鳴が上がっています。
 高すぎる根本原因は国が市町村への補助金を削ってきたことにあります。
 共産党議員団は国・県への意見書提出を市議会に提案しました。

 また、市独自の努力で不要不急の予算を削り、国保税を下げるべきだと、国保特別会計予算に反対討論を行いました。

 

申請しないと受けられません。 住民税非課税の方への臨時福祉給付金(1回限り、1人1万円、年金者は1万5千円) 7月から申請と給付。  住民税課税世帯へ「子育て世帯臨時給付金」もあります。

住民税非課税の方への臨時福祉給付金
(1回限りです。1人1万円、年金者は1万5千円)
7月から申請と給付が始まります

 所得の低い方への消費税増税対策として、国は住民税がゼロの方(但し住民税が課税されている人に扶養されている場合と、生活保護の方は除く)への臨時給付金を支給します。
 予算特別委員会での、やなぎ議員の質問で糸島市の計画が下記の通り表明されました。

○申請期間  7月から9月末まで 
(申請しないと受けられない) 

○支給漏れの対策  対象者全員に市から申請書を送る。申請に来ない方には8月末に再度通知する。
 申請受付は市役所と二丈・志摩の支所だが、状況を見て各校区の公民館での対応も検討している。

○支給  口座振り込みで行う。

※ 住民税課税世帯へ、子育て世帯臨時給付金があります。 詳細は市へ

公共料金値上げ凍結を  国保税引き下げへ  がんばる中小企業応援補助金の増額を  糸島市3月議会  糸島の風2014年3月板

 糸島市3月議会は3月27日に平成26年度予算などを可決して終了しました。
 日本共産党の柳・伊藤両議員は、暮らしや福祉の支援は拡充せず、中央ルートや前原東土地区画整理、九電跡地への図書館新設、波多江公民館の解体など住民の声をよく聞かないままで巨額の予算が盛り込まれた26年度予算に反対しました。
 また国保の引き下げや公共料金値上げ中止を求め、玄海原発再稼働への市の対応や避難計画の問題点などをただしました。
 2月に当選したばかりの柳明夫市議も、一般質問や予算特別委員会の質疑にたち奮闘しました。

公共料金値上げ凍結を
 国には消費税増税中止の申し入れを

国保税引き上げへ国・
県は補助金を増やして!


 収入の1割から2割も占める
国保税。しかも市内の加入
世帯の7割が所得200万以下。
払いたくても払えないと悲鳴が
上がっています。高すぎる
根本原因は国が市町村への
補助金を削ってきたことにあり
ます。共産党議員団は国・県
への意見書提出を市議会に
提案しました。

やなぎ 4月からあげる予定の公共料金はなにか。

企画部長 ゴミ袋、上下水道料、伊都文化会館や公民館、斎場、漁港など市施設の利用料、渡船料、市営住宅の駐車料、くみ取り料等などだ。

やなぎ 公共料金値上げは消費税増税による負担に追い打ちをかけるものになる。市民の暮らしを考えるなら凍結すべきではないか。

企画部長 12月議会で値上げ条例が可決されているので予定通り行う。

やなぎ 国の予算では老人医療費の窓口負担が2倍になるなど、消費税増税後も社会保障は削られる。市として国に増税中止をいうべきではないか。

企画部長 社会保障の安定財源のためと認識しているので、増税中止を申し入れる考えはない。

自然エネルギーを糸島の地場産業に

やなぎ 糸島市には高い自然エネルギーの可採量がある。市民を担い手とし、自然エネルギーの生産を地場産業として育てれば地域経済の振興にもつながる。

環境部長 ご指摘の通りです。

やなぎ 各家庭の太陽光発電への市独自の助成を求める。

環境部長 国の優遇措置が終了する27年度末以降の状況を見て検討する。

がんばる中小企業応援補助金の増額を

やなぎ 中小企業を元気にすることが地域経済振興の要。補助金の予算を今の八百万から二千万に増額できないか。

経済振興課長 今の予算の運用状況を見極めて判断したい。

玄海原発再稼働反対を

やなぎ 市長は選挙中、広域避難計画が確立しないうちは玄海原発再稼働に反対といっておられたが、今も変わりはないか。

月形市長 広域避難計画は27年度中にできる見通し。

やなぎ 九電は26年度中にも再稼働を行おうとしている。再稼働反対をきちんというべき。

月形市長 広域避難計画が確立しないうちの再稼働は、拙速に行うべきではないと口頭で九電に伝えている。

 

波多江駅ロータリー西の危険な市道が広がります(来年度)   波多江駅南側のバリアフリー化は平成30年度までに実現   糸島の風No.22

波多江駅南側のバリアフリー化
  平成30年度までに実現

Img_20140112_16
 いとう千代子議員は、階段が多く、くねくねとして使いづらい波多江駅南側のバリアフリー化を、議会で求め続けてきました。

 それがようやく実施計画に載り、平成30年には完成する予定です。
 予算は約3億円。
 

来年度 波多江駅ロータリー西の
       危険な市道が広がります

 波多江駅北の県道からの進入路の狭い市道が、来年度、6メートルに広がります。
 しかし財政難で、歩道をつける予算はありません。

 いとう議員は、「ムダな道路より、通学路・生活道路が大事。歩道もつけてほしい」と要望。

 県道の白線が消えて危険であることも、指摘しました。

Img_20140112_17

 

 

市議会の傍聴に行きましょう!  12月議会の一般質問は11日~13日、最終日は17日です。

Img_20130915_02

平成25年度糸島市議会の定例会は、
12月2日から17日まで開かれます。

一般質問 (9名が登壇します)
      12月11日(水) 松月 古川 中村 ひわだ
      12月12日(木) 波多江 江頭 篠栗
      12月13日(金) 黒田 伊藤

議員名 質問予定 質問
古川忠正
議員
12月11日(水)
2番目 11時頃
①本庁舎建て替えに対する問題点について
②国民健康保険について
③介護保険について
ひわだ正子
議員
12月11日(水)
4番目 14時頃
合併後の市民の暮らしについて
①高齢者の福祉対策はすすんでいるか
②合併後の納税相談について
③高齢者の要望がある福吉駅エレベーター
  設置について
④二丈の国道202号線の歩道計画、通学路
  の安全対策は進んでいるか
⑤合併後、支所が5年でなくなる問題につい
  て。
  支所の相談窓口を残すべきではないか。
  支所は防災の拠点として必要ではないか。
  旧議場を市民ホールに利用を検討して。
伊藤千代子
議員
12月13日(金)
2番目 11時頃
①玄海原発の再稼働について
②前原図書館の移転について
③住民要望の強い身近な公共工事を増やし、
  地場産業の振興をはかる政策について
④議員名義の土地開発の問題点について

 議会最終日の17日、今年議会の最後の最後の採決が行われます。

 糸島市議会の模様は、インターネット中継・録画でも見られます。
         →  糸島市議会 議会中継 

    

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq