しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

災害支援

原発ゼロ署名にご協力を!

原発ゼロ署名にご協力を!

Img_genpatsu_shomei
署名用紙  
PDFファイルをダウンロード
 (10KB)

署名用紙はこちらか、右の画像をクリックして、印刷してご使用ください。
署名した用紙は、日本共産党の党員、議員、地区事務所まで。

福岡県の地区事務所の所在地はこちら

Img_genpatsu_001 Img_genpatsu_002
 画像をクリックしてPDFファイルをダウンロード (左1077KB , 右589KB)

税金のムダづかいやめ、福祉と防災のまちへ   ― 糸島市議会

Img_07_013

東日本大震災の被災者のみなさまに、
心からお見舞いを申し上げます。

 戦後最大の大震災と原発事故が起きています。
 日本共産党糸島市議団も、駅や街頭で集めた募金を被災地に送りました。
 日本共産党が全国で集めた募金は、3月末で3億6千万円になり、今も募金を続けています。
 (もよりの日本共産党か、日本共産党福岡県委員会中央委員会の口座へ)

 3月予算委員会では伊藤議員が、被災者支援のため、
 ①西方沖地震のときの義援金2千万円が基金に積み立ててあり、それを被災地に送る、
 ②玄海原発に近い糸島市として「防災計画」を見直す、
 ③防災委員37人に1人も女性がいないため、女性の委員を入れるよう求めました。

 中央ルート含む「一般会計予算」には反対

 議会最終日25日、古川議員は、「中央ルートはムダな公共事業。不公平な同和事業は終結すべきである」と、来年度予算の反対討論を行いました。
 ひわだ議員は、「高すぎる国保税の引き下げ」を求め、国保事業予算に反対しました。

 日本共産党は市が提案した25議案中、一般会計予算と国保事業予算の2議案に反対し、23議案に賛成しました。
 他の自民系・公明・民主・社民のすべての議員は、市の議案すべてに賛成しました。

 (伊藤議員は不当な出席停止のため、出席できず  「行政のチェック機能が果たせる議会に! ~特定業者とのゆ着疑惑追求の伊藤議員を出席停止に~ 糸島市議会」参照)


東日本大地震救援 義援金 を日本共産党福岡県委員会で呼びかけています

日本共産党は、これまでの国内外の災害でも義援金を呼びかけ、現地へ届けており、責任をもって被災地の自治体に届けます。

Simg027

 ゆうちょ銀行 振替口座

 口座番号  01760-9-15205

 加入者名  日本共産党福岡県委員会

 必ず通信欄に「 東日本大震災義援金 」
と書いてください。

 

●もよりの党事務所へのご持参にも対応いたします。

●問い合わせは電話 092-411-5131 まで

●URL 日本共産党福岡県委員会
       http://www.fjcp.jp/

 

前立腺がん血液検査に補助を! 障がい者の老後 口蹄疫  糸島の風No.2

 いとう千代子議員の他の一般質問

 前立腺がん血液検査に補助を!

 市では年に約250人が、がんで亡くなっています。
 近年増えている前立腺がんの早期発見のため、PSA検査に補助を求めました。

 障がい者の老後の支援について

 障害者手帳を持っている市民は、合計5352人。親亡き後の支援など、福祉の充実を求めました。

 口蹄疫(こうていえき)について

 農家の被害の実態、埋却処分地の確保、学校給食に糸島の牛乳、畜産物の利用をすすめるよう要望しました。




JR加布里駅 跨線橋に屋根を! 糸島の風No.2

JR加布里駅 跨線橋に屋根を!

 古川議員は、加布里駅の跨線橋に屋根をつけるよう十数年前に議会で要望していました。
 市は、平成15・16年度に実施計画をあげていましたが、県の神在橋架け替え工事に伴い、駅前広場の整備を優先したため、屋根の設置は先延ばしになっています。
 古川議員は、脚が悪い人や荷物を持っている人のため、一日も早く屋根の設置を要望しました。


6月議会の傍聴に行きましょう!



Img_20100529_01_t1
Img_20100529_09

 5月26日から議案説明、6月1日から6月議会が始まります。
 5月24日(月)、古川議員、ひわだ議員、伊藤議員は、6月の一般質問の発言通告をしました。日本共産党は、口蹄疫問題について、農家や自治体に支援を求める意見書(案)を出しました。
 国保税引き下げのため、国の補助金を増やすことを求める意見書(案)も提出しました。


宮崎県が非常事態宣言 口蹄疫 - 糸島市も対策本部を設置


Img_20100529_04

 福岡県内の畜産農家は642戸。そのうち、糸島市は、(1)養豚16戸(2万頭)(2)肥育牛12戸(1600頭)、乳牛31戸(2400頭)、繁殖牛13戸(450頭)。 計72戸、豚2万頭、牛4450頭。
 安全な食糧は、日本の大地から。 乳価の下落、とうもろこしなどエサの値上がり、輸入肉で苦しんできた農家に打撃です。今こそ、国の支援が必要です。 


検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq