しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

コミュニティバス

いとう千代子  市民の願い、まっすぐ議会に届けます   二丈の山を守ります・原発の再稼働に反対します・二丈にも市バスを

市民の願い、まっすぐ議会に届けます
ふるさとの自然 いのちとくらし
木の香ランドなど 二丈の山を守りました 糸島の風

いとう千代子
プロフィール
1957年(昭和32年)生まれ。
九州大学文学部卒業。
学童保育所、障害者作業所
勤務。1997年、女性団体の
代表としてアメリカの核実験
被害者調査団に参加。
1998年、前原市議に初当選
。2010年、糸島市議に当選。
市議4期。自費で北欧に環境
、エネルギー調査に行く。
家族は夫と一男一女柴犬。
趣味は演劇、カラオケ、読書
など。

 かけがえのない森林・地下水

 松本市長は、一昨年の3月議会に、木の香ランドをふくめ、二丈の山林32ヘクタールを、福岡市の会社に十年間、無料で貸すという議案を提出しました。
 この時、オール与党の議員が大賛成する中で、いとう千代子議員は、
「二丈の山間地は、井戸水を使っている。十年もタダで使わせて、地下水が汚染したらどうするか?」
「子どもたちが使う木の香ランドのキャンプ場を、暴力団排除条例から外したら、暴力団の使用を拒否できなくなる」
と問題点をするどく指摘しました。
 さらに、いとう議員は、独自調査をもとに、この会社が3月議会の始まる、わずか1週間前にできたばっかりだったこと、市長が前年の12月に社長に会って、便宜をはかる約束をしていた事実も明らかにし、
「森林や地下水は、二丈の宝。かけがえのない山と水を守るべきだ」
と契約に反対しました。
 それから、わずか3か月後、いとう議員の指摘どおり、会社は財政難に陥り、十年間の契約は解除されました。

玄海原発の再稼働に反対します  原発の危険性について
   議会で何度も取りあげる

 いとう千代子議員は、女性として母親として、「二丈の自然と子どもたちの未来を、放射能で汚染させてはならない」と、ひわだ正子議員とともに、「原発の危険性」を議会で取りあげ続けてきました。
 玄海原発1号機は、老朽化で全国一危険な原発といわれてます。
 大事故が起きたら、取り返しがつきません。

 

 前原・志摩のように
    二丈にも市のバスを

みなさんの声 高齢化がすすみ、買い物や病院通いにも困る住民が増えています。
 前原や志摩では、年間数千万円の補助金でコミュニティバスが運行され、料金も今年度から定額の200円です。
 いとう議員は、「二丈にも市の責任でバスを走らせる」よう求めていきます。

 浦志の新駅に20億円使うより、
      路線バスの充実を!

Img_20140111_06
○ 二丈住民の散歩コースにイノシシの処理場ができると聞いて、いとう議員に相談すると、すぐに調査に来て、議会で取り上げてくれました。
 おかげで建設場所が変更になり、みんな喜んでいます。  (女性)

○ いとう議員は、ひわだ議員と二丈の小・中学校を訪問し、「老朽校舎の改善」を求めてきました。
 「二丈の中学校給食も、地場産の野菜を使った自校方式に」と要望。
 子どもの幸せを求める情熱は、だれにも負けない人です。  (男性)

糸島の風 二丈版


コミュニティバスの要望について    糸島市議会

コミュニティバスの要望について

【ひわだ】 地域の要求に、合併前からバスの要望があった。
 福吉校区、一貴山校区では、昨年から住民のボランティアによる自主運行バスが走っている。
 これから先も、ずっと自主運行バスで走らせるのは、問題だ。
 糸島市のコミュニティバスとして運行すべきではないか。

[市] 市の交通計画で、自主運行バスを走らせる。
 他のコミュニティバスは、25年度後半から定額の運賃で走らせる。
 運賃は200円を考えている。

  
 

糸島市まちづくり条例に賛成。  バス代に上限を。  23年度一般会計決算に反対 -糸島の風No.15

糸島市まちづくり条例に賛成

 伊藤議員が賛成討論。Img_k15_04
 住民投票ができる内容になっています。
      

白糸などのバス代に上限を!

【古川】 白糸のバス代は570円、桜井地区の谷は610円、芥屋まで640円かかります。
 上限を400円にした場合、補助金はいくらになりますか。

[部長] コミュニティバスで40万円、昭和バスで630万円になります。
 今後200円程度の定額運賃の導入を検討しています。
   

平成23年度一般会計決算に反対

 日本共産党は、古川忠正議員が反対討論。

 不公平なごみ収集事業、同和事業の問題点を指摘し、23年度の一般会計決算に反対。

 料金が高すぎる国保(国民健康保険)・介護保険・後期高齢者医療の決算にも反対しました。

 

 

バス路線の充実を!  巨額の開発より、身近な事業で、活性化を

 バス路線の充実を!

 市が浦志に1千戸の住宅を建設する目的は、「九大関係者に良好な住宅を提供すること、少子化で人口が減っているから人口を増やす」ためです。
 しかし、浦志は人口が密集して、少子化対策は関係ありません。
 人口が減っているのは、志摩・二丈・前原の山間地です。

 いま買い物難民が社会問題となっています。
 バス料金が高いのも、利用者が少ない原因です。(下表)

 巨額なハード事業より、バス路線の充実などの身近な事業で、地域を活性化させることが必要です。

※「コミュニティバス」で一番赤字が大きいのは九大線。

コミュニテイバスの運賃
路線名 最高額
・九大線 一律200円
・庁舎間 一律100円
・川原線 580円
・白糸線 570円
・井原山線 540円
・雷山線 440円
・前原今宿線 340円
・曽根線 340円
路線バスの運賃
・芥屋線 640円
・船越線 560円
・野北線 610円
 
 

長期総合計画 二丈・志摩住民サービスについて 住宅リフォーム事業  再生エネルギー・太陽光発電補助

                        一般質問  ひわだ正子議員

長期総合計画 二丈・志摩住民サービスについて

ひわだ
 二丈・志摩の今後の支所庁舎の活用計画について、地域の発展のためにも支所は残すべきだ。
 防災の拠点としても、支所機能を残すべきではないか。

市の回答
 合併協議の中で、5年後には市庁舎は統合するので、残せない。
 地域の防災のあり方については今後検討をする。

ひわだ
 10月、二丈図書館・志摩図書館がオープンし、今まで前原まで出かけていた人が、便利になると大変喜ばれている。
 私は、これからの住民サービスの問題や、交通不便な地域のバス路線の解決に、力をそそいでいきたい。地域では今まで以上に、福祉や防災でもがんばっている。
 支所機能を残すことは、周辺が元気になることではないか。

   

住宅リフォーム事業の実施について

ひわだ
 全国で330の自治体で実施している住宅リフォーム制度は、中・小業者の仕事確保で、地域経済の活性化に効果抜群の制度である。
 今、建設業の調査では、建設業の仕事不足が大きく浮かび上がってる。地域の活性化をさせる期待が大きい。
 住宅リフォーム制度を、糸島市でも実施していただきたい。

市の回答
 地域の活性化について限定的なものだ。実施しない。

ひわだ
 介護保険の住宅改良について実績は?

市の回答
 平成22年度で346件、決算額は4719万円。

 

再生エネルギー・太陽光発電補助について

ひわだ
 今年3月11日福島東京電力の原発事故が発生し、いまだ収束をしていない。原発の安全神話が崩れた。原発に依存しない、新エネルギー政策が必要です。
 太陽光発電には国の補助制度がある。 (糸島市広報6月15日) 
 糸島市独自の対策として、個人の住宅にも補助を実施していただきたい。
 また、太陽光発電は、糸島でどのくらい設置が普及しているのか。

市の回答
 国のエネルギー政策を重視している。
 糸島市の太陽光発電は、九電の調査で1200軒。

ひわだ
 福島の原発事故は、ひとごとではない。
 原発の核の廃棄物の問題など、原発の危険性から子どもたちを守るために、再生可能なエネルギー政策を中心にした、人と自然に優しいまちづくり政策を進めるためにも、個人への補助制度を創設してほしい。

 

福吉校区の自主運行バス導入について

福吉校区の自主運行バス導入について

ひわだ 「高齢者が安心して暮らすことができるように、交通弱者の対策をすすめてほしい。
 地域の推進計画を取り上げ、市が責任をもって行う事業になっているのか。
 運転手はボランティアで大丈夫か」

市 「今年度はモデル事業として取り組む。
 ボランティアには有償ボランティアがある。
 登録を行なって、市民と共同の事業を行う。」

ひわだ 「バスの運行は、利用者の声を生かし、運行方法、利用方法など地域で工夫をして、事業の補助を計画的におこなってほしい。」

 市長は6月議会で、3年半後に二丈・志摩の庁舎をなくすと発言しました。
 合併でいよいよ不便になります。
 バスの充実が絶対に必要です。 (ひわだ正子)

(追記:有償ボランテアとありますが、無償でおこなわれています。自発的に交通の活動に協力をされています。(2012/10/.3))
 

合併で不便になった。コミュニティバスの利用状況は? 糸島市議会 糸島の風No.3

ひわだ 「合併してから庁舎線のバスが1月から二丈、志摩、前原の支所間を走っているが、利用状況は?」

市 「増えてきている。」

ひわだ 「それだけでは不十分との声がある。合併になって、二丈、志摩は不便になった。公共交通について、町のすみずみまで走らせてほしい。」

市 「公共交通についてアンケートを実施している。まとまり次第、効果的な取り組みをさせていただく。」

中央ルート、市税8333万円!市と県で5億円! 一般会計補正予算が可決 高すぎる国保税、市県民税  糸島の風No.2

中央ルート、市税8333万円!市と県で5億円!

 一般会計補正予算が可決

Img_20100815_03  日本共産党は反対

 6月議会で216億円の「政策予算」が、自民系、公明、民主、社民の賛成多数で可決しました。
 日本共産党は、「県下最悪の借金財政の中、中央ルートや同和事業はやめるべき」「不景気で地場業者が苦しんでいるのに、商工振興の政策予算はまったくない」「市民の福祉・スポーツ施設・路線バスなど身近な要求を優先すべき」として反対しました。

 高すぎる国保税、市県民税・・・

 6月、市県民税、国保税、固定資産税、介護保険料などの納入通知が市民のもとに届き、「税金が高すぎて、生活が苦しい」との声がたくさん寄せられています。

 「国保税引き下げ」を求める意見書案」
   日本共産党が提案、9対14で否決

 日本共産党は、「国民健康保険税引き下げ」のため、国が減らした補助金の増額を求める意見書案を提出し、「高い国保税で苦しむ市民のために、是々非々で賛成を!」と全議員によびかけましたが、賛成9人、反対14人で否決されました。

賛成は、伊藤・ひわだ・古川・吉丸・江頭・波多江・松月・三嶋栄幸・中村進の9議員。

反対は、自民系・公明・民主の14議員。

 


検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq