しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« 憲法を遵守し安保法制の見直し行わない意見書案  採決せず異例の審議未了に  糸島の風No.30 (2015年7月) | トップページ | 糸島市9月議会が始まりました  傍聴におこしください 9月10日(木) 9月11日(金)  »

自然エネルギーは糸島の未来を拓く  市民を担い手に地産地消の産業振興を  糸島の風No.30 (2015年7月)

自然エネルギーは糸島の未来を拓く  市民を担い手に地産地消の産業振興を  糸島の風No.30 (2015年7月)

 自然豊かで農林水産業の盛んな糸島市は、県内でも有数の自然エネルギーの宝庫です。
 6月議会では電力自由化、バイオマス、水素の活用について取り上げました。

電力自由化への対応は

やなぎ福岡県みやま市では来年からの小売電力自由化に市民の太陽光発電を購入する地域新電力会社を設立した。 糸島市の対応は。

総務部長4月の市庁舎統合後の電力量を調べ対応する。 (みやま市のような対応は)他市の例を研究していく。

市民部長瑞梅寺ダム小水力発電の売買益で基金をつくり、公共施設への太陽光発電導入をさらにすすめる。

後期長期総合計画での方針化は

やなぎImg_20150906_14作成にはいっている市の後期長期総合計画での自然エネルギー活用の位置づけ、取り組みの方針は。

市民部長創エネのまち糸島をめざし、方針に「市再生可能エネルギー導入計画」を反映させる

バイオマスの利活用、産業都市構想について

やなぎバイオマスの利用状況、24年度からの進捗状況は。

産業振興部長廃棄物系は70%で全国は80%、未利用系は21%で全国は17%、24年度から炭素変換量で15%増えている。

やなぎ産業都市構想の内容は。

産業振興部長民間事業者による事業化プロジェクトが核となる。
経済波及や新規雇用創出効果などを数値で示す。

やなぎ担い手を支える相談体制を充実させてほしい。

水素の地産地消活用策は

やなぎ技術やコストの課題はあるが、糸島のバイオマス資源の活用を検討すべきでは。

市長地域資源の活用で取り入れられるものはそうしたい。

 

中小企業振興条例制定の必要性検討

 やなぎ議員の質問に、産業振興部長は「中小企業振興の方向を示す基本条例であり、制定の必要性、市独自の内容などを検討する」と前向きに答えました。

« 憲法を遵守し安保法制の見直し行わない意見書案  採決せず異例の審議未了に  糸島の風No.30 (2015年7月) | トップページ | 糸島市9月議会が始まりました  傍聴におこしください 9月10日(木) 9月11日(金)  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364206/61507522

この記事へのトラックバック一覧です: 自然エネルギーは糸島の未来を拓く  市民を担い手に地産地消の産業振興を  糸島の風No.30 (2015年7月):

« 憲法を遵守し安保法制の見直し行わない意見書案  採決せず異例の審議未了に  糸島の風No.30 (2015年7月) | トップページ | 糸島市9月議会が始まりました  傍聴におこしください 9月10日(木) 9月11日(金)  »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq