しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« 糸島で2299人の若者が戦死  子どもたちに伝えたい”平和の尊さ”  平和憲法を守り、政府の行為で悲惨な戦争を繰り返すな  糸島の風No.30 (2015年7月) | トップページ | 自然エネルギーは糸島の未来を拓く  市民を担い手に地産地消の産業振興を  糸島の風No.30 (2015年7月) »

憲法を遵守し安保法制の見直し行わない意見書案  採決せず異例の審議未了に  糸島の風No.30 (2015年7月)

 憲法を遵守し安保法制の
 見直し行わない意見書案

 採決せず異例の審議未了に

 国会審議で憲法違反が明確になり、国民の反対が増してきた「安保法制」について、藤井・やなぎの2議員が共同し「憲法と立憲主義を遵守し、政府主導による安保法制の見直しを行わないことを求める意見書」案を議会に提出しました。

 付託された総務文教委員会で、やなぎ議員は「集団的自衛権は憲法が禁じている。今回の法案を通すことは立憲主義のもとる」と主張。
 1時間を超す白熱した討論になりましたが、委員長は「この場で賛否を問うことはむつかしい問題」との理由で採決せずを提案。

 やなぎ・三嶋・小島の3議員の採決すべきの意見は少数で、審議未了になる異例の事態となりました。

  

« 糸島で2299人の若者が戦死  子どもたちに伝えたい”平和の尊さ”  平和憲法を守り、政府の行為で悲惨な戦争を繰り返すな  糸島の風No.30 (2015年7月) | トップページ | 自然エネルギーは糸島の未来を拓く  市民を担い手に地産地消の産業振興を  糸島の風No.30 (2015年7月) »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364206/61499119

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法を遵守し安保法制の見直し行わない意見書案  採決せず異例の審議未了に  糸島の風No.30 (2015年7月):

« 糸島で2299人の若者が戦死  子どもたちに伝えたい”平和の尊さ”  平和憲法を守り、政府の行為で悲惨な戦争を繰り返すな  糸島の風No.30 (2015年7月) | トップページ | 自然エネルギーは糸島の未来を拓く  市民を担い手に地産地消の産業振興を  糸島の風No.30 (2015年7月) »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq