しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« 2014年10月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年11月

国民健康保険運営協議会が来年度から引き上げ答申   答申どおりなら国保税は 40歳以上は20%もの過酷な引き上げに!  ~糸島の風 号外

糸島の風 号外
国民健康保険運営協議会が来年度から引き上げ答申   答申どおりなら国保税は 40歳以上は20%もの過酷な引き上げに!  

 糸島市の国保運営協議会は、10月6日、月形祐二市長に来年度から国保税引き上げの答申を行いました。
 平均14%アップと報じられていますが、答申のとおり共産党市議団で試算してみると、夫婦共に40歳以上の場合は20%以上もの過酷な引き上げになろことがわかりました。

 各モデルケースの国保税額 収入は世帯主1人のみとして試算

○ 国保加入のサラリーマン 給与450万円(年)夫婦40歳~65歳4人世帯
  現在 463,000円 → 554,100円に 91,100円 19.4%のアップ

○ 夫婦65歳~74歳までの年金生活者 収入260万円(年)2人世帯
  現在 186,000円 → 209,000円に 23,000円 12.4%のアップ
  *65歳~74歳までの方は別に介護保険料を払います。

○ 夫婦64歳までの年金生活者 収入200万円(年)2人世帯
  現在 168,000円 → 204,300円に 35,700円 21.2%のアップ

○ 自営業・農業者などで所得300万円(年)夫婦40歳~64歳4人世帯
  現在 456,100円 → 545,900円に 89,800円 19.7%のアップ

☆ これほどのアップは、払いたくても払えない人々をたくさんつくります。
 県内でもトップクラスの高い国保税となり、おまけに福祉の水準が周辺の市・町に比べて低い糸島市の現状では、市の人口はもっと減少し市民の消費購買力もそがれて地域経済は疲弊していくでしょう。

☆ ストップ国保引き上げ! 大型開発より市民の暮らしに予算を。共産党市議団は、市の財政をもっと国保に回して過酷な引き上げをやめることを求めます。


中学3年まで医療費無料化をすすめる糸島の会(仮称) あなたも呼びかけ人に

中学3年まで医療費無料化をすすめる糸島の会(仮称)

あなたも呼びかけ人になりませんか

 全国では7割以上の市町村が、中学校卒業まで医療費無料に、または大半を助成しています。糸島市は来年から、やっと小学3年生まで入院のみ無料に。全国からも県内の市町村からも大きく遅れています。

 糸島市を若い世代が安心して子どもを育て、生き生きと暮らせる街にするために、中学校卒業までの医療費を無料にする取り組みを、たくさんの市民の力を集めてすすめていきたいと考えいます。

 右の画像をクリックして、PDFファイルをダウンロードして、署名をお願いします。

中学3年まで医療費無料化をすすめる糸島の会(仮称) あなたも呼びかけ人に

やなぎ明夫(日本共産党・糸島市議会議員) 議会活動報告と懇談会  2014年11月15日(土)

Img_20141102_11
 やなぎ明夫は、2月の選挙で市議会に送り出していただき、総務文教常任委員、議会活動に関する調査特別委員、広報(議会)編集委員として活動しております。

 これまで3回の議会では、
   志摩・二丈の支所機能存続を求める提言、
   消費税増税を理由にした市公共料金値上げ撤回、
   豊かな自然や農林水産業を活かした自然エネルギー・小企業振興策、
   子育て世代が住みやすい街にするために中学卒業までの医療費無料化や就学援助の改善などを求め、
   原発事故から市民の命と暮らしを守るために、避難計画の問題点をだしつつ原発再稼働にあくまで反対する討論を行ってきました。

 下記の通り、議会活動報告と懇談会を行いますので、是非お気軽にご参加ください。
11月15日(土)午後2時~ ふれあい(志摩・健康福祉センター)趣味の部屋で    *市民が主人公の市政をめざして! 議会活動や市政について報告します。

連絡先   柳 明夫  080-5609-1266

« 2014年10月 | トップページ | 2015年2月 »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq