しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« 命とくらし、自然を守るため、玄海原発の再稼働は、やめさせよう!   ~糸島の風No.27 | トップページ | 糸島市の借金は、総額520億円! 苦しい市民生活なのに、負担大きい大型事業 »

玄海原発で事故! そのとき市民は安全に避難できるのか   ~糸島の風No.27

玄海原発で事故!
  そのとき市民は安全に避難できるのか

 原発には大量の核燃料があり停止していても危険です。
 原発事故時の避難計画は、再稼働の有無にかかわらず安全でなければなりませんが、国は責任を持たず自治体任せにしています。
 30キロ圏内にある糸島市は、広域避難計画作成に苦労していますが、やなぎ議員の一般質問で、不十分な国の指針を超えるものではなく、多くの問題点が明らかになりました。

○ 市の避難計画の対象は30キロ圏内にとどまっている

 糸島市は玄海原発から30キロを超えた地域に人口の大半が集中しています。
 福島事故では50キロの地域まで高濃度放射能で汚染されました。
 しかし国の指針による市の広域避難計画は対象を30キロ圏内に限定しています。

○ 最短で30分で放射能の雲が到達。
  でも被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤の配布、服用指示は1週間の内に? 

 安定ヨウ素剤は放射能の雲が来る前に服用しなければ効き目がありません。
 服用不可の人もいます。
 市の計画は避難計画指示が出た段階で校区公民館から配布し、1週間は屋内退避だからその間に指示に基づいて服用すればいいというもの。
 この発想で市民を被ばくから守れるのでしょうか。

○ 県が発表した避難時間の想定は非現実的

 福岡・長崎・佐賀三県合同で、4月末に事故の際の避難時間を、糸島市の場合標準で約12時間と発表しましたが、これは車で避難するのは30キロ圏内の人のみで、圏外の人は道路に出ないというもの。
 ガス欠や事故の想定もなく、全く非現実的です。
 市は避難時間の想定はせず、ルートのみを計画すると答えました。

○ 避難先は50キロ以内に10数カ所 大丈夫?

 一時避難の場所は30キロ圏内の分だけは福岡市内に計画されています。
 しかし原発から50キロ以内に10数カ所。
 放射能汚染の危険が高い範囲です。

○ 介護施設や病院の避難は?

 市はマニュアルを作成配布し、具体的な避難計画はこれからという段階です。

○ 保育園、小中学校は保護者の迎えが基本。

 事故発生時は交通障害の発生が想定され、迎えに行くのに長時間かかることが予想されます。
 共稼ぎで福岡市内など遠くに通勤している人が多い中で、この対応だけでは不安です。
 迎えにくるまで学校にとどまらせると答えましたが、先生たちも大変です。

« 命とくらし、自然を守るため、玄海原発の再稼働は、やめさせよう!   ~糸島の風No.27 | トップページ | 糸島市の借金は、総額520億円! 苦しい市民生活なのに、負担大きい大型事業 »

原発問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364206/57726050

この記事へのトラックバック一覧です: 玄海原発で事故! そのとき市民は安全に避難できるのか   ~糸島の風No.27:

« 命とくらし、自然を守るため、玄海原発の再稼働は、やめさせよう!   ~糸島の風No.27 | トップページ | 糸島市の借金は、総額520億円! 苦しい市民生活なのに、負担大きい大型事業 »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq