しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« ミツバチに悪影響は? オオニコチノイド系農薬について  市は森林病害虫の防疫事業で、長崎県で大量にミツバチが死んだ薬剤を散布 EUでは禁止に   糸島の風No.22 | トップページ | 二丈と志摩の支所廃止条例が可決  行政職員ゼロで、災害対策は? 「不便、さびれる」の声  心配な原発事故時の対応   糸島の風No.22 »

なぜ、30億円もの事業を、入札せず随意契約で東京のゼネコンに発注したのですか? 議員名義の土地の開発は政治倫理条例に反する!  市民に役立つ身近な公共事業を。大型開発に湯水のように税金を投入する糸島市  前原東土地区画整理事業    糸島の風No.22

なぜ、30億円もの事業を、入札せず随意契約で東京のゼネコンに発注したのですか?

契約当事者は、地権者代表の元議員

 総額32億円の事業費のうち、30億円が工事費です。
 土地区画整理組合の定款には「業務代行者の選定は入札で行う」と書かれているのに、公募せず、随意契約で清水建設に発注していました。

 契約が行われたのは、2012年3月31日。
 契約者は、当時組合理事長で元議員のI氏。
 I氏は地権者代表として、前原市議当時から前原東土地区画整理事業を推進していました。

 「松本市長も組合員だ。なぜ入札しなかったのか?多額の税金を使う開発事業を、東京のゼネコンに随契で仕切らせるのは納得できない」といとう議員。
 下請けで入っている地場業者は、(株)へいせい です。

契約の10年前から協力関係

 いとう千代子議員は、この元議員とゼネコンの福岡営業所とが交わしていた覚書を紹介し、「これは、10年も前から業者と議員がいっしょに協力してやっていこうと書いてある。つまり、はじめから入札する気がなかったのではないか」と随意契約の背景に、事業発注者と受注企業との「密接な関係」があった疑惑を指摘しました。

 この元議員は、松本市長の選挙対策本部長をつとめており、行政、議会、業者との癒着馴れ合いで、開発がすすめられた疑惑が濃厚です。
  

議員名義の土地の開発は政治倫理条例に反する!
 浦志・篠原でいま大土木工事が行われています。

 税金を16億円も使う「前原東土地区画整理事業」です。
 1千戸の住宅をつくり、1戸4千万円で売る計画です。
 ここには元議員、現職議員名義の広い土地があります。
 市は、現職議員名義の土地について、『名義は議員でも、実際は水利組合の土地だ』と主張しています。

 12月議会でいとう議員が、「現職議員名義の土地は何㎡か?」と聞くと、その議員が手を挙げ、この質問をやめるよう緊急動議をだし、議長は、いとう議員の質問を中止しました。
 利害関係者が議場にいては、議会はチェック機能を果たすことはできません。

 先の9月議会では、議員本人が「前原東土地区画整理事業」の補正予算2億5千万円に賛成し、一般質問ではその推進を求める質問をしました。

 多くの市民が、高い税金で苦しんでいます。
 いかなる理由があろうと、議員名義の土地の開発は、市民の「利権の疑い」をもたれます。
 政治倫理条例には、市民全体の代表者の市長や議員は、「不正の疑惑をもたれる恐れのある行為をしないこと」と書かれています。
 本当に『土地が水利組合のもの』なら、他の水利組合員に名義を変えるべきです。

※松本市長は合併直前にも、いとこで自民系議員の中心だった元議員の調整区域の土地を都市計画で開発。
 元議員は8千万円の収入を得た。

 

市民に役立つ身近な公共事業 ”まち”は、生き生き活性化

地場業者への発注率 学校、行政区、住民の要望は、
    地場業者の仕事になっている

 いとう千代子議員は、「市民に役立つ身近な公共事業は、地場業者の発注率が高く、町にお金が回り、地域振興になっている」と、学校の修繕や農業用施設工事、市道修理などの実例を紹介しました。

 必要のない大型事業をやるより、必要で小さな工事をきちんとした方が、地域にお金が回り、町の活性化につながります。

 しかし市は「お金がない」と、学校修繕は3割、農業関係は5割、市道修繕関係は7割の要望にしか応えられていません。
 一方で、大型開発には、湯水のように税金を投入しています。

 

 

« ミツバチに悪影響は? オオニコチノイド系農薬について  市は森林病害虫の防疫事業で、長崎県で大量にミツバチが死んだ薬剤を散布 EUでは禁止に   糸島の風No.22 | トップページ | 二丈と志摩の支所廃止条例が可決  行政職員ゼロで、災害対策は? 「不便、さびれる」の声  心配な原発事故時の対応   糸島の風No.22 »

倫理問題・法律違反」カテゴリの記事

随意契約問題」カテゴリの記事

大規模開発問題」カテゴリの記事

松本嶺男 糸島市長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミツバチに悪影響は? オオニコチノイド系農薬について  市は森林病害虫の防疫事業で、長崎県で大量にミツバチが死んだ薬剤を散布 EUでは禁止に   糸島の風No.22 | トップページ | 二丈と志摩の支所廃止条例が可決  行政職員ゼロで、災害対策は? 「不便、さびれる」の声  心配な原発事故時の対応   糸島の風No.22 »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq