しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« 波多江駅ロータリー西の危険な市道が広がります(来年度)   波多江駅南側のバリアフリー化は平成30年度までに実現   糸島の風No.22 | トップページ | ごみ袋・施設使用料…あらゆ料金を値上げへ  消費税引き上げを口実にした、便乗値上げは許されない。  ムダな公共事業で財政悪化・福岡26市でワースト1位!   糸島の風NO.22 »

前原図書館(築9年・新しい・明るい・バリアフリー)から、九電元営業所(築21年・古い・エレベーター無し・交通危険)へ図書館を移転。  九電のためとしか考えられない。  保育園を回る移動図書館車は廃止。  大企業に甘く市民に冷たい糸島市政が浮き彫りに。  糸島の風No.22

子どもたちの笑顔を奪わないで! ・保育園を回る移動図書館車は廃止(約67万円) ・前原図書館は九電元営業所へ移転(4~5億円)

必要のない図書館移転 昨年の6月26日、九州電力から元営業所ビルを買うように頼まれた松本市長は、10月12日には購入を決定していたことが、いとう議員の質問で明らかになりました。

 購入費は約6千万円です。
 築21年で古くエレベーターもないため、図書館移転には大規模改修が必要。
 工事費が3億6千万円もかかります。
 (いまの図書館は築9年、明るく、バリアフリーです)

 新しい図書館を、なぜ4億5千万円も使って、車の離合もしにくい危険な場所へ移すのか?
 九電のためとしか考えられません。

 市は、保育園の子どもたちが楽しみにしている『移動図書館車』も、来年度、廃止すると表明しました。
本が大好き  移動図書館の運営委託費は、年間わずか67万円です。
 大企業に甘く、市民に冷たい市政が浮き彫りとなりました。

 

« 波多江駅ロータリー西の危険な市道が広がります(来年度)   波多江駅南側のバリアフリー化は平成30年度までに実現   糸島の風No.22 | トップページ | ごみ袋・施設使用料…あらゆ料金を値上げへ  消費税引き上げを口実にした、便乗値上げは許されない。  ムダな公共事業で財政悪化・福岡26市でワースト1位!   糸島の風NO.22 »

図書館」カテゴリの記事

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 波多江駅ロータリー西の危険な市道が広がります(来年度)   波多江駅南側のバリアフリー化は平成30年度までに実現   糸島の風No.22 | トップページ | ごみ袋・施設使用料…あらゆ料金を値上げへ  消費税引き上げを口実にした、便乗値上げは許されない。  ムダな公共事業で財政悪化・福岡26市でワースト1位!   糸島の風NO.22 »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq