しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« 市が、「中央ルートの見直し」を答弁   決算委員会の質疑より  あかはた読者ニュース 2013年9月28日  | トップページ | 突然の図書館移転事業~事業費4億2700万円  九州電力旧前原営業所跡地へ。 九州電力救済の疑い »

雷山川上流のため池をふたつ埋め立て、下流に調整池を建設とは!7~8億円!  ばく大な税金を使って、こんな公共事業が、効率的な行政運営といえるのか?   糸島市・前原東土地区画整理事業

雷山川上流のため池をふたつ埋め立て、
下流に調整池を建設とは!7~8億円!

 糸島市は、前原東土地区画整理事業で、雷山川上流の水田13ヘクタールとため池(柱田ため池・相の町ため池)を埋め立て、1000戸の住宅を開発してます。

 これだけの水田とため池を埋め立てたら、ぼう大な量の雨水が行き場を失います。
 しかし、この埋立地に「水害対策として建設される調整池」は、わずか2400トンです。ぜんぜん足りません。
 推定5~6万トンの雨水が、小さな浦志川を通って下流に流れることになります。そのため下流の浦志、新田、泊3区の水田が心配です。 ( 詳しくは、こちらの記事 )

 一方、市は、雷山川約1キロ下流に、人口のため池(調整池)を、水害対策として7~8億円で建設する計画を発表しました。
 上流のため池はつぶし、下流には7~8億円と言うばく大な税金を使って、調整池をつくる。
 こんな公共事業が、効率的な行政運営といえるのか、疑問です。

Img_20131012_01

« 市が、「中央ルートの見直し」を答弁   決算委員会の質疑より  あかはた読者ニュース 2013年9月28日  | トップページ | 突然の図書館移転事業~事業費4億2700万円  九州電力旧前原営業所跡地へ。 九州電力救済の疑い »

税金・増税・減税」カテゴリの記事

大規模開発問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 市が、「中央ルートの見直し」を答弁   決算委員会の質疑より  あかはた読者ニュース 2013年9月28日  | トップページ | 突然の図書館移転事業~事業費4億2700万円  九州電力旧前原営業所跡地へ。 九州電力救済の疑い »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq