しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« 雷山川上流のため池をふたつ埋め立て、下流に調整池を建設とは!7~8億円!  ばく大な税金を使って、こんな公共事業が、効率的な行政運営といえるのか?   糸島市・前原東土地区画整理事業 | トップページ | ごみは、家の前にだすことができます。    無理をして足腰を痛めては大変です。 市の生活環境課に連絡すれば、家の前に出せます。 »

突然の図書館移転事業~事業費4億2700万円  九州電力旧前原営業所跡地へ。 九州電力救済の疑い

突然の図書館移転事業~事業費4億2700万円
九州電力旧前原営業所跡地へ。九州電力救済の疑い

 伊都文化会館横にある図書館を、「九州電力の旧前原営業所」に移転させるため、今年度6600万円で九電の土地建物を買います。
 総事業費は4億2790万円。

 この移転で、図書館の面積は、トイレや階段、会議室をのぞくと約約2倍になりますが、3階建てのため、ワンフロアの面積は今より狭くなります。
 しかも、この場所は、国道の交差点のすぐそばで、道は狭く、常に交通が激しく、市民が気軽に出入りしにくい最大の難点があります。
 子どもの飛び出しや、高齢者や障がい者が思わぬ事故にあう危険性を否定できません。

Img_20131012_02  図書館は本を借りるだけでなく、市民の憩いと学びの場、文化の拠点。
 『入念な基本構想、基本計画の下、丁寧に市民の声を集めて』建設するものです。
 ところがこの”振ってわいたような図書館移転計画”は、なんのため?

 昨年、九州電力から、土地、建物の購入を持ちかけられると、市は、長期計画や3年計画にもなかった図書館整備事業を突然立ち上げ、国の補助金が全くないなかで4億円も税金を使う移転事業を決定しました。

 市民が驚き、「いきあたりばったりの図書館移転だ」「九電救済ではないのか」と疑問を抱くのは当然です。
 日本共産党は9月議会で、九電救済としか思えないこの移転に反対しました。

Img_20131012_03

« 雷山川上流のため池をふたつ埋め立て、下流に調整池を建設とは!7~8億円!  ばく大な税金を使って、こんな公共事業が、効率的な行政運営といえるのか?   糸島市・前原東土地区画整理事業 | トップページ | ごみは、家の前にだすことができます。    無理をして足腰を痛めては大変です。 市の生活環境課に連絡すれば、家の前に出せます。 »

税金・増税・減税」カテゴリの記事

図書館」カテゴリの記事

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364206/53579601

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の図書館移転事業~事業費4億2700万円  九州電力旧前原営業所跡地へ。 九州電力救済の疑い:

« 雷山川上流のため池をふたつ埋め立て、下流に調整池を建設とは!7~8億円!  ばく大な税金を使って、こんな公共事業が、効率的な行政運営といえるのか?   糸島市・前原東土地区画整理事業 | トップページ | ごみは、家の前にだすことができます。    無理をして足腰を痛めては大変です。 市の生活環境課に連絡すれば、家の前に出せます。 »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq