しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« 無料法律相談 7月26日(木)、8月23日(木)、9月27日(木) 午後6時から 伊都文化会館にて 弁護士と議員が対応します | トップページ | 6月議会 請願は継続審議に 「原発の再稼働に反対する意見書」 「こども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対する意見書 »

県と市の防災訓練について  原発災害から、市民の命と暮らしを守れるか?

県と市の防災訓練について

 原発災害から、市民の命と暮らしを守れるか?

 6月3日午前中、県と市は、糸島市の船越漁港で、自然災害地震、津波などの自然災害と、原発事故の防災訓練を行いました。
 原発災害の避難訓練については、玄海原発から20キロ圏内にある二丈・鹿家の住民39人を、用意したバスで福岡市早良区の修猷館高校(原発から60キロ)まで運び、放射能の測定などをする訓練がされました。

 ひわだ議員が、「情報が入ってから、避難するのにどのくらい時間がかかったのか」と質問すると、市は「情報が入って住民に連絡し、避難するまでに28分かかった」と答えました。

 今回は39人の避難でしたが、30キロ圏内だけで住民は1万5千人もいます。
 寝たきり、病人、乳幼児などの災害弱者もおり、現実に原発事故の放射能から逃げられるでしょうか?

 福島の事故では、風下の飯舘村(40~50キロ)に避難して被曝した住民が多数いました。
 原発事故は人災であり、危険な原発はなくすのが一番の防災です。

  
 

« 無料法律相談 7月26日(木)、8月23日(木)、9月27日(木) 午後6時から 伊都文化会館にて 弁護士と議員が対応します | トップページ | 6月議会 請願は継続審議に 「原発の再稼働に反対する意見書」 「こども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対する意見書 »

原発問題」カテゴリの記事

危険対策」カテゴリの記事

災害対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364206/46234222

この記事へのトラックバック一覧です: 県と市の防災訓練について  原発災害から、市民の命と暮らしを守れるか?:

« 無料法律相談 7月26日(木)、8月23日(木)、9月27日(木) 午後6時から 伊都文化会館にて 弁護士と議員が対応します | トップページ | 6月議会 請願は継続審議に 「原発の再稼働に反対する意見書」 「こども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対する意見書 »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq