しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« 時代錯誤の人権尊重都市宣言が可決   市~「部落差別が最大の社会問題・・・」  国では既に終わっているのに | トップページ | 長期総合計画 二丈・志摩住民サービスについて 住宅リフォーム事業  再生エネルギー・太陽光発電補助 »

9月補正予算に賛成  イノシシ被害額・糸島市でも3400万円  自主防災組織・地域にていねいな説明を

日本共産党 ・ 9月補正予算に賛成

イノシシ被害額 糸島市でも3400万円

 山間地の人口が減少し、少子高齢化となり、輸入木材の影響で林業が衰退し、山林の手入れが行き届かなくなっています。
 こんななかシカ、イノシシ、サルなどの野生動物が激増し、被害額が全国で、200億円に上っています。人にかみつく、車と衝突するなどの事故も起きており、イノシシの駆除が必要です。
 イノシシの食肉処理場建設の予算が1500万円でていました。日本共産党は、イノシシの処理場を住宅や川の近くに作らないことを条件に、賛成しました。

 

自主防災組織・地域にていねいな説明を

 市は、自治防災組織を立ち上げ、今年、来年度で防災無線を20世帯にひとつ、2000個買うため、1億9000万円の予算を組みました。原子力災害から市民を守る防災は、緊急な情報伝達が不可欠です。
 しかしいま、「班長さんが防災無線を預かって、ほかの19軒に連絡をするようにと言われたが、班長さんは80歳です。なぜこんなことをするのか」といった疑問も寄せられています。
 防災無線を配る前に、原発災害の避難を含め、自主防災組織を立ち上げる重要性を、ていねいに説明し、住民の理解を得るなかですすめるよう要望し、賛成しました。

 
 

« 時代錯誤の人権尊重都市宣言が可決   市~「部落差別が最大の社会問題・・・」  国では既に終わっているのに | トップページ | 長期総合計画 二丈・志摩住民サービスについて 住宅リフォーム事業  再生エネルギー・太陽光発電補助 »

原発問題」カテゴリの記事

危険対策」カテゴリの記事

情報公開」カテゴリの記事

コメント

猪や鹿などの獣害対策に日本オオカミ協会ホームページの"Q&A"にあるように狼の導入を! http://japan-wolf.org/content/faq/ ここで大体の疑問は解消できる

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364206/42949431

この記事へのトラックバック一覧です: 9月補正予算に賛成  イノシシ被害額・糸島市でも3400万円  自主防災組織・地域にていねいな説明を:

« 時代錯誤の人権尊重都市宣言が可決   市~「部落差別が最大の社会問題・・・」  国では既に終わっているのに | トップページ | 長期総合計画 二丈・志摩住民サービスについて 住宅リフォーム事業  再生エネルギー・太陽光発電補助 »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq