しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« 浦志新駅周辺の大規模開発  行政・議会・利害関係者一体となっている! | トップページ | 時代錯誤の人権尊重都市宣言が可決   市~「部落差別が最大の社会問題・・・」  国では既に終わっているのに »

決算委員会の質疑から  学校給食の現状について、伊藤議員の質疑

決算委員会の質疑から

 学校給食の現状について、伊藤議員が質疑した結果。

○ 糸島市の6つの中学校の給食は、すべて民間委託になった。
 4年前まで自校直営だった前原市の3つの中学校も、今年から東京に本社のある会社に委託された。

○ 福吉中学校と二丈中学校は、大野城市の企業に民間委託され、現地で作った給食を、1時間半かけて学校まで運んでいる。

○ 小学校は、16校のうち、7校が自校直営、9校が民間委託になった。

○ 学校給食のコメはすべて糸島産。使用量は年間89トン。2900万円。
 それ以外の食材は3億9700万円。平均自給率は42%。

 

(糸島の中学校では、食育や地産地消は学べない)

« 浦志新駅周辺の大規模開発  行政・議会・利害関係者一体となっている! | トップページ | 時代錯誤の人権尊重都市宣言が可決   市~「部落差別が最大の社会問題・・・」  国では既に終わっているのに »

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

信じられない愚策!
農水産業の地場でこれじゃね!
本質的にはアメリカのハンバーガーを食わせているのと変わらない・・・。
効率が持ち込まれれば、教育は死んでしまうでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364206/42921048

この記事へのトラックバック一覧です: 決算委員会の質疑から  学校給食の現状について、伊藤議員の質疑:

« 浦志新駅周辺の大規模開発  行政・議会・利害関係者一体となっている! | トップページ | 時代錯誤の人権尊重都市宣言が可決   市~「部落差別が最大の社会問題・・・」  国では既に終わっているのに »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq