しんぶん赤旗

Twitter 日本共産党

Facebook

« 東日本大地震救援 義援金 を日本共産党福岡県委員会で呼びかけています | トップページ | 子育て支援について―就学援助制度・高校の奨学金について― ひわだ正子議員 糸島市議会 »

玄海原発の総点検と プルサーマル発電中止を!

玄海原発の総点検と プルサーマル発電中止を!

 糸島市~原子力発電所から20キロ圏内も
       九州電力へ申し入れ

Img_07_001  福島の原発事故で、空気、大地、海に放射線汚染が広がっています。
 地震国の日本に54基も原発があり、民主党政府はさらに14基増やす計画でした。
 管首相は、日本共産党の志位委員長が見直しを求めると、「白紙を含め検討する」とこたえました。

 糸島市の一部は、玄海原子力発電所から20キロ圏内にあります。

 玄海原発1号機は、運転開始から36年たち、老朽化しています。
 放射線量がウランの20万倍もある危険な「プルサーマル発電」も始まっています。

 日本共産党は、3月28日、「福岡県革新懇話会」の会員と、九州電力に玄海原発の徹底的な点検とプルサーマル発電の中止を申し入れました。
 これには、糸島市議団から、ひわだ議員が同席しました。

 原発の危険性を警告

 日本共産党は、早くから原発の危険性を指摘し、昨年5月の国会でも、「電源が使えなくなった場合、炉心の熔融をまねき、大事故につながる恐れがある」と警告しましたが、「安全だ」といって、政府は対策をとりませんでした。

 福島野原発事故は人災です。被災者への補償を行なうとともに、ヨーロッパなどで進む自然エネルギーへの転換が必要です。



« 東日本大地震救援 義援金 を日本共産党福岡県委員会で呼びかけています | トップページ | 子育て支援について―就学援助制度・高校の奨学金について― ひわだ正子議員 糸島市議会 »

原発問題」カテゴリの記事

コメント

お願いです。
原発をとめてください。
玄海原発は「電源喪失の場合」云々にかかわらず、「圧力容器そのものが劣化し、いつ"破断"してもおかしくない状態」と言われています。
30年も稼動していたら、最初はいくら分厚い容器でも放射熱によりどんどん薄くなっているはずです。
そんな中で稼動させていることが不安でなりません。
本来40年の使用を想定していたのを強引に60年に延長して使おうとしている九電の言うことは信じられません。

みなさんはこの事実をご存知なのでしょうか?
まして、プルサーマル燃料を使っています。「もしも」のときを考えて不安でなりません。
いくら国が「安全安全」と言っても、これだけの事態を収拾できていない今、信じることはできません。
たとえ「もしも」が起こらないとしても、少しでも可能性があるのならば廃止することが一番いいと思います。
利権なんて考えないでほしい。
自分の利権のあるうちに漏洩等が起きなければ問題ない、などという考えはやめてほしい。
「避難したくてもできない、被爆しながらも耐えるしかない」なんて子供に強いることはやめてほしい。

私は何もできませんが、選ばれた皆さんならできるはずです。

子供たちのために。
未来のために。
お願いです。原発をとめてください。

コメント記載ありがとうございます。
福島第1、浜岡が停止した今、玄海原発第1号機が、一番古くて、一番危険な原発になりました。 さらにプルサーマルまであります。 
九電には、コストが高くつき、危険な有害物質をまき散らす、発電方式である原子力発電を止めて、もっと、安価な、比較的安全な発電方式に変換して欲しいです。

---2011.6.29-------------------------------------------------------
*日本一危険な老朽化した玄海1号機は150気圧に耐えながら現在稼働中です
-------------------------------------------------------------------
http://cnic.jp/files/roukyuuka20110312.pdf

玄海町(総人口:6738人)の歳入の65%が原発による歳入(交付金)で
1機稼動すれば20億円 4機稼動すれば80億円 
この小さな部落の玄海町へ国から巨額の交付金が過去より支払われてます
"玄海町町長は経済的に必要を"繰り返し再稼動を要請してますが
6738人の過疎地の町にこのような巨額な交付金は 
はたして経済的に必要な額でしょうか?
自分たち(玄海町)さえ 財政的に潤えば他人を犠牲にしていいのでしょうか?
一旦事故が起きたら広域に汚染し立ち入り禁止区域となりますが 
他人の生命財産仕事を脅かす行為は許される行為ではありません。
http://cnic.jp/files/Genkai3MOX_20060421.pdf
*危険なプルサーマル事業を2009年最初に始めたのはこの玄海町からです
 その後次々と他県もプルサーマルを始めました
今回も同じく安全より経済を選択した玄海町を選び
海江田経産相は"国が責任を負う"と稼動既成事実を作る為の指示活動でした。
(国が責任を負うとは将来の事故の際の損害金を国民の税金で支払う事,
すなわち全国民が増税を強いられる事となります)

★地元の行動に連帯して、全国から
ファックスや電話による緊急抗議を集中しましょう!
     ↓     ↓     ↓
<経済産業省へ抗議!>
・原子力発電立地対策広報室
     FAX:03-3580-8493
     TEL:03-3501-1511
・玄海町 TEL:0955-52-2111
<佐賀県>
・秘書課 FAX:0952-25-7288
     TEL:0952-25-7007

2011年7月17日の佐賀新聞TOP記事によると・・
玄海原発の玄海町町長は土建会社 岸本組を有するが
核燃料サイクル交付金を国から30億円受け取り
1車線の玄海町町道1.8Kmを20億円で無理に着手
町道の設備費は1Km1億円が相場といわれているが
(1.8Kmは通常1億8千万円ほどの工事費で有る)

玄海町町長は
その10倍の費用をかけて20億円で工事を本年から着手した
国税の無駄使い町長 岸本町長 
国は金をやる相手を間違ってないだろうか?
利権目的で危険な玄海1号機を無理に稼動し
国土を放射能汚染まみれにすれば取り返しがつかないと思いますが

玄海町長ファミリー企業、国と県の天下り先だった
 ~原発利権めぐる癒着の実態~
http://hunter-investigate.jp/news/2011/07/ob-hunter1317-1517-21.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364206/39841097

この記事へのトラックバック一覧です: 玄海原発の総点検と プルサーマル発電中止を!:

« 東日本大地震救援 義援金 を日本共産党福岡県委員会で呼びかけています | トップページ | 子育て支援について―就学援助制度・高校の奨学金について― ひわだ正子議員 糸島市議会 »

検索

  • サイト内検索

最近のコメント

糸島・伊都国の関連の本

  • 糸島・伊都国の関連の本

「糸島の風」「二丈の風」 サイト内検索

無料ブログはココログ

jq